« 4ヶ月、3週と2日 | トップページ | カンナさん大成功です »

2008/07/16

ナンバー 23

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ジョエル・シューマカー

あらゆる情報が“23”という数字に符合している事実。その謎に取り憑かれてしまった男。だが、数字に結びついていく計算式はかなり独善的である。32は23の反対であるというのは、やはりこじつけであろう。気になるのはウォルター・スパロウ(ジム・キャリー)に何度も登場する犬のテッドである。23という数字ではなく、こちらが運命の導き手である。この犬にこそ、隠されたメッセージが込められているように思える。

|

« 4ヶ月、3週と2日 | トップページ | カンナさん大成功です »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41848370

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバー 23:

» 映画「ナンバー23」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Number 23 なぜかゼッケン「34」を思い出した、フライング・テキサンと呼ばれたロードレーサーのケビン・シュワンツが世界チャンピオンになるまで愛用したナンバー・・・ 本日の業務は終了しました、という1分前にイジワルなことに仕事を振られてしまう。やむ... [続きを読む]

受信: 2008/07/17 00:57

« 4ヶ月、3週と2日 | トップページ | カンナさん大成功です »