« 西の魔女が死んだ | トップページ | ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ »

2008/06/25

奇跡のシンフォニー

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:カーステン・シェリダン

類い希な音楽の才能を持つのはエヴァン(フレディ・ハイモア)だけではないだろう。ウィザード(ロビン・ウィリアムズ)も、彼と同じ才能を持ち合わせていた筈だ。ライラ(ケリー・ラッセル)とルイス(ジョナサン・リス=マイヤーズ)を結びつけたきっかけ、彼の奏でるハーモニカであることからも、それがうかがえる。だが、その才能が社会的に開花することはなかった。そのことが彼を歪めてしまう。「オリバー・ツイスト」のフェイギンのような浮浪児の元締めに身をやつし、エヴァンの音楽を我が物にしようと画策する。才能があるだけでは、成功すると限らないのだ。それでも、エヴァンは願いを適えることができた。何故か。彼の宿願は金銭的成功にない純粋なものだからなのか。

|

« 西の魔女が死んだ | トップページ | ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41642102

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のシンフォニー:

« 西の魔女が死んだ | トップページ | ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ »