« 赤い文化住宅の初子 | トップページ | つぐない »

2008/06/10

ノーカントリー

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン

一体、この国はどうなってしまったのか。そうした嘆き、絶望感が、老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)を通してひしひしと伝わってくる。「NO COUNTRY FOR OLD MEN」という原題が、重く響きながら。通り魔殺人のような理解を超えた犯罪の多発からベル保安官の苦悩は増し、態度をシニカルにさせる。それでも、アントン・シガー(ハビエル・バルデム)に追われたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)を救おうとするのだ。大金を奪い逃走するモスの運命は、言わば自業自得のようなものである。何故、助けようとするのか。彼の保安官という職種に対する誇りであろう。しかし、保安官はモスを救うことができない。深い無力感と厭世観に覆われて映画は幕を引く。

|

« 赤い文化住宅の初子 | トップページ | つぐない »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41488139

この記事へのトラックバック一覧です: ノーカントリー:

« 赤い文化住宅の初子 | トップページ | つぐない »