« みなさん、さようなら | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

2008/06/24

西の魔女が死んだ

製作年:2008年
製作国:日本
監 督:長崎俊一

人生の叡智に満ち溢れたおばあちゃん(サチ・パーカー)。学校生活に疲れ登校拒否となったまい(高橋真悠)へ魔女修行として送る言葉は、特別のものでない。ただ、自分の意志で決めること。そして、それを守ることだ。日常の時間割、家事、勉強。強要されることなく、自分で決められる自由を持てることは、非常に幸せなことだ。ありきたりな感動ドラマであれば、再生したまいが感謝と笑顔で都会に帰っていく話となっていくのであろうが、本作品は違う。おばあちゃんとまいと衝突したまま別れてしまうのだ。大切なことを知っているということと、それを伝えるということは、また別の才能が必要なのであろう。おばあちゃんとママ(りょう)の間にも、確執を解消できない何かがあり、西の魔女とはいえ、すべてがうまくいくとは限らない。そこに人の悲哀を感じる。

|

« みなさん、さようなら | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

製作年:2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41631081

この記事へのトラックバック一覧です: 西の魔女が死んだ:

» 映画「西の魔女が死んだ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ニシノマジョカラヒガシノマジョヘメッセージ・・・死んだらどうなるの、そうねぇ死んだことがないから分からないわ、静かにハートウォーミングな魂脱出の物語・・・ おばあちゃんと過ごした1ヶ月余りのこと・・・集団よりも孤立を選び登校拒否に陥った中学1年生のまい(高橋真悠... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 11:22

« みなさん、さようなら | トップページ | 奇跡のシンフォニー »