« 酒井家のしあわせ | トップページ | ラスベガスをぶっつぶせ »

2008/06/20

JUNO ジュノ

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ジェイソン・ライトマン

ジュノ(エレン・ペイジ)に語った父マック(J・K・シモンズ)の言葉がしみじみと残り続ける。「永遠の愛が欲しいなら、あるがままの自分を愛してくれる相手を見つけることだ」。いい時も悪い時も、自分のことを理解して愛してくれるのなら、どんな試練も乗り越えられる。16歳の予期せぬ妊娠という事態は、大変な試練である。彼女は自分の意志で問題を解決していこうとするが、大きな壁にぶつかる。そんな時に受ける父の言葉の重み。ジュノはスタイリッシュな側面ばかり人生に求めていたことに気付くのだ。ポーリー(マイケル・セラ)、義理の母ブレン(アリソン・ジャネイ)、里親のヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)とは新たな関係を構築していくのは、彼女の大きな成長だと思う。

|

« 酒井家のしあわせ | トップページ | ラスベガスをぶっつぶせ »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41586105

この記事へのトラックバック一覧です: JUNO ジュノ:

» JUNO/ジュノ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】パンクとホラーが好きなクールな16才の女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは、友だちのリア(オリヴィア・サールビー)に協力してもらい、養子を希望している夫婦を探すことに。そして、理想的な夫婦マーク(ジェイソン・べイトマン)とヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)を見つけ会いに行ったが―     監督 : ジェイソン・ライトマン 『サンキュー・スモーキング』     第80回... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 21:07

« 酒井家のしあわせ | トップページ | ラスベガスをぶっつぶせ »