« 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS | トップページ | 砂時計 »

2008/05/14

人のセックスを笑うな

製作年:2007年
製作国:日本
監 督:井口奈己

恋愛を始めるのは簡単であるが、終わらせることのなんと難しいことか。恋愛にも経験値で計れる熟度があるとすれば、ユリ(永作博美)が裏の裏まで知った大ベテランであり、みるめ(松山ケンイチ)は何も分からないルーキーのようなものである。ユリに太刀打ちできないのも当たり前だろう。諦めようと思っても、諦める術を知らない。だから、終始、もがき続けるのだ。本作品のユニークなのは、そのもがきが三重構造になっているところ。みるめはユリを、えんちゃん(蒼井優)はみるめを、堂本(忍成修吾)はえんちゃんを、それぞれ諦められなくて、悩みぬいている。そうした迷いの連鎖に関係なく、ユリはいとも簡単に旅立っていく。この辺りもベテランの極意であろう。地方都市を魅力的に映した映像も素晴らしかった。

|

« 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS | トップページ | 砂時計 »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41201949

この記事へのトラックバック一覧です: 人のセックスを笑うな:

« 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS | トップページ | 砂時計 »