« ジャスミンの花開く | トップページ | 俺たちフィギュアスケーター »

2008/05/06

遠くの空に消えた

製作年:2007年
製作国:日本
監 督:行定勲

現実感のあるような、ないような、架空の村を舞台にしたファンタジー。どこかで既視感を覚える世界ではあるが、のんびりした雰囲気が良く、それはそれでよい。だが、一つのエピソードで台無しになってしまった。それは、トバ(田中哲司)が引き起こした凶悪事件。それまで、暴力的である一方、間の抜けた様子がユーモアたっぷりのトバであったのに、この犯行はあまり唐突過ぎる。他にも同様に感じるエピソードが多々あり、気持ちよく映画の世界に浸れなかった。陽光を取り入れた映像や、神木隆之介と大後寿々花といった子役の演技など、秀逸点も多いので、余計に残念だ。

|

« ジャスミンの花開く | トップページ | 俺たちフィギュアスケーター »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41106051

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くの空に消えた:

« ジャスミンの花開く | トップページ | 俺たちフィギュアスケーター »