« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | バンテージ・ポイント »

2008/05/09

愛の流刑地

製作年:2006年
製作国:日本
監 督:鶴橋康夫

外の風景が登場人物の上に映し出し、その心情を表現しようとす趣向の凝った映像は見応えがありました。それでも、ドラマの部分は物足りなさが残ります。「僕は選ばれた殺人者だったのです」という村尾(豊川悦司)の述懐も、最初から映像で見せていて分かっていること。もう少しミステリー的興趣を施しても良かったのではないか。これが結論かと思うと、興醒めでした。もしかすると編集でカットされたのかもしれませんが、検事の織部(長谷川京子)や、冬香(寺島しのぶ)の夫(仲村トオル)、友人である祥子(浅田美代子)のエピソードも中途半端で、歯切れが悪いものであった。

|

« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | バンテージ・ポイント »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/41141011

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の流刑地:

« チーム・バチスタの栄光 | トップページ | バンテージ・ポイント »