« やわらかい手 | トップページ | ラッシュアワー 3 »

2008/04/19

フィクサー

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:トニー・ギルロイ

冒頭のシーン。マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)が、もみ消し屋=フィクサーとして腕を振るうだろうと思わせるシークエンスだ。だが、何か微妙に違う。顧客を怒らせてしまうなど、どうも様子が変だ。そして、乗用車爆破に繋がり、一体、この男に何が起きたのか、最初から惹きつけられてしまう。シドニー・ルメット監督の「評決」(1982)を想起させる内容。失意の日々を送る弁護士が、ある訴訟をきっかけに再び真実と正義を取り戻していく再生ドラマである。彼の命を救ったのは、ありのままの自然を美しいと思う心だった。トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラックと俳優陣も見ごたえある演技を発揮し、風格ある作品になっている。

|

« やわらかい手 | トップページ | ラッシュアワー 3 »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/40920271

この記事へのトラックバック一覧です: フィクサー:

« やわらかい手 | トップページ | ラッシュアワー 3 »