« フィクサー | トップページ | チャプター27 »

2008/04/20

ラッシュアワー 3

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ブレット・ラトナー

いかにコメディとはいえ、犯罪捜査ものとしては、場当たり的で都合の良過ぎる展開が続き、集中力が途切れがちになってしまう。そんな中、おっと思い目を引き付けられてしまうのは、意外にも出演俳優が豪華であるからだ。マックス・フォン・シドー、イヴァン・アタル。そして、どうしてここにいるのか、ロマン・ポランスキー監督。突然、フランス警察レビ警視役で現れ、びっくりしてしまう。一方、工藤夕貴は、トホホと思わせる殺し屋役で可哀想なくらいであった。やはり本作品の最大の見所は、ジャッキー・チェンと真田広之の夢の対決であろう。この二人の戦いをハリウッド映画で見られるということ。実に感慨深い。

|

« フィクサー | トップページ | チャプター27 »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/40936863

この記事へのトラックバック一覧です: ラッシュアワー 3:

« フィクサー | トップページ | チャプター27 »