« ラッシュアワー 3 | トップページ | 人が人を愛することのどうしようもなさ »

2008/04/21

チャプター27

製作年:2007年
製作国:カナダ/アメリカ
監 督:J・P・シェファー

自分の存在理由を要人暗殺という形で示そうとする男。「タクシードライバー」(1976)を想起させる内容でありますが、継続性のない思考の流れに見ていて辛いものを感じる。「ライ麦畑でつかまえて」、「オズの魔法使い」、「ジョン・レノン」という三題噺がいかに繋がっていくのか、私の文化的素養では理解に及ばず、結果として、何故ジョン・レノンが殺害されなければいけなかったか、さっぱり分からなかった。

|

« ラッシュアワー 3 | トップページ | 人が人を愛することのどうしようもなさ »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/40945907

この記事へのトラックバック一覧です: チャプター27:

« ラッシュアワー 3 | トップページ | 人が人を愛することのどうしようもなさ »