« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/27

スマイル 聖夜の奇跡

製作年:2007年
製作国:日本
監 督:陣内孝則

「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004)では白血病で恋人を失った森山未來。「シムソンズ」(2006)では弱小チームの急成長の中心選手だった加藤ローサ。本作品では、彼等が上の世代となって、悩み傷つく子供たちを見守る役になっている。実に感慨深い。定番のスポーツ映画であるが、陣内孝則監督のエネルギーが満ち溢れ、完成度は高くないが、それなりに感動的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

テラビシアにかける橋

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ガボア・クスポ

拭い難い後悔。あの時、レスリー(アンナソフィア・ロブ)に声をかけていれば、彼女の運命も変わっていたのかもしれない。ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)は、その罪の意識を生涯に渡って背負わなければならないのだろう。それが切ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

アフター・ウェディング

製作年:2006年
製作国:デンマーク-スウェーデン
監 督:スザンネ・ビア

かなり目のアップ・ショットが多用されている。そのことによりミステリアスな雰囲気が高まる。果たして、偶然の再会を演出した資産家の意図は何なのか。過去の自分、そして、現在の自分を探ろうとする登場人物たちの心情が伝わり、スリリングな臨場感を味わう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/20

ウェイトレス おいしい人生のつくりかた

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:エイドリアン・シェリー

どこか現実離れしているようなドラマ展開であるけれど、ジェンナ(ケリー・ラッセル)と嫉妬深い夫アール(ジェレミー・シスト)の関係が興味深い。反発したい、逃げ出したいと思いながら、最後のところで服従してしまう。そんな関係、ぶち壊してしまえと見る者は感じるが、なかなかそうできない人がたくさんいるのでしょうね。変える勇気をどこから得るのか。それが本作品のテーマであると感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/18

ブラック・スネーク・モーン

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:クレイグ・ブリュワー

鎖に繋いで監禁されてしまう若い白人女性。そうしたエピソードが強調されているが、心の琴線に触れる人生再生ドラマであった。レイ(クリスティナ・リッチ)を更正させようとするラザラス(サミュエル・L・ジャクソン)の人物造形がいい。単に敬虔な男というだけでなく、妻に逃げられ、彼自身も自暴自棄になっているからだ。彼女に語りかける言葉は、鏡に反射するよう自分自身へ響く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

再会の街で

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:マイク・バインダー

救う者が救われる。9.11テロで妻子を失った男。癒すことのできない深い心の傷。偶然、再会したかつてのルームメート。仕事にも家族にも恵まれている筈なのに満たされない心。この二人の交流を通して、互いに救われる展開が心地良い。あんなふうに彷徨ってみたいニューヨークの深夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/07

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:ティム・バートン

なんと言う皮肉。盲目的に復讐を望む者はこんな末路を呼び寄せてしまうとは。グロテスクでありながら美しさを感じさせるラストシーンが胸に突き刺さる。陰鬱な19世紀のロンドン。理不尽に奪われた家族の幸せ。狂気を映し出すカミソリ。ゴールデングローブ主演男優賞を獲得したジョニー・デップの演技も素晴らしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/03

雲南の少女 ルオマの初恋

製作年:2002年
製作国:中国
監 督:チアン・チアルイ

とにかくユネスコの世界自然遺産にも登録されているという中国雲南省の棚田の風景が圧巻。その繊細な美しさに陶然となってしまう。そこに暮らす少数民族ハニ族。少女の淡い初恋を通して、資本主義への波が押し寄せる中で伝統を守ろうとするハニ族の葛藤が描かれておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »