« めがね | トップページ | 椿三十郎(森田芳光) »

2008/01/12

マイティ・ハート 愛と絆

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監 督:マイケル・ウィンターボトム

マイケル・ウィンターボトム監督と言えば、これまで「イン・ディス・ワールド」(2002)や「グアンタナモ、僕達が見た真実」(2006)など、中東諸国側からの視点で見つめてきた作品を撮ってきている。本作品は、それらと反対の立場から作られていて、非常に興味深い。

こうして両側から見ていくと、善悪という概念はいかに相対的なものか分かってくる。9.11事件以降、イスラム教徒がすべてテロリストであるような恐ろしい風潮が生まれてしまった。その一方で、中東諸国のアメリカ離れも急速に進行している。ひとつのイメージに支配されることが、いかに危ういことか。

そうした憎悪の対立のなかで、夫を誘拐・殺害されてしまったマリアンヌ・パール(アンジェリーナ・ジョリー)。彼女はパキスタンを声高に非難しないが、無神経なTVキャスターの質問には憮然と拒絶する。この世で起こる無慈悲で非情な犯罪事件は、民族や国ではなく一人一人の人間が生み出すものである。

そうした数々の悲劇をジャーナリストという仕事柄、たくさん知っているのかもしれないが、彼女の言動に深い感銘を受ける。

|

« めがね | トップページ | 椿三十郎(森田芳光) »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/17662016

この記事へのトラックバック一覧です: マイティ・ハート 愛と絆:

« めがね | トップページ | 椿三十郎(森田芳光) »