« ヘアスプレー | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

2008/01/01

2007年ベストテン

2007年を総括したときに、今年もドキュメンタリー映画の秀作が多く公開されたことが目を引きます。こうした作品が当たり前のように映画館で上映されることをまず喜びたいと思います。

その映画を見て初めて知る事実も多々あり、自分の視野の狭さを痛感することの繰り返しでありました。ベスト10の選出にあたり、一時はこうしたドキュメタリー映画をずらりと並べるようなランキングも考えました。

しかし、あえて外す事にしました。驚愕の事実は事実として、それらを物語に昇華させていく中で、映画製作者の力量が問われていると思います。そうしたフィクションの力を私は評価することにしたのです。

さて、個々のベスト10を選んだポイントですが、「その時、何を選択したか」という人生の岐路を描いた映画を集めてみました。人は生きていくなかで、意識的にしろ無意識的にしろ様々な岐路に立たされます。その選択の中で、幸福になるか不幸なるかが決まっていきます。

運命は選びとるものであると感じさせてくれた20作品です。

●外国映画
01 グッド・シェパード
エドワードは耳の不自由な女性ローラとの別れを選び、諜報活動の闇に堕ちていく。久々に風格を感じさせる大作でした。167分の上映時間、固唾を飲んで展開を見つめました。

02 ツォツィ
ツォツィは強奪した自動車の中に赤ん坊を見つけたとき、人間的な感情を取り戻していく。これまで見たことのない南アフリカのスラム街の描写が圧巻でした。

03 善き人のためのソナタ
ヴィースラーは芸術家の監視を続けながら、監視国家の欺瞞に気付いていく。ソナタはひとつのきっかけでしかない。人の心は日々の生活の中から定まっていくのである。

04 約束の旅路
シュロモはエチオピアの内紛から逃れるためユダヤ人になりすましイスラエルに向かう。生きるとは衣食住が足りているだけでは満たされない。自分のアイデンティティを求めるシェロモが悲しい。

05 サン・ジャックへの道
母親の遺産相続のため聖地巡礼の旅に渋々向かった仲の悪い三兄弟。彼らが旅のなかで見つけたものは。生きていると、無意識の内に様々な荷物を背負い込んで身動きできなくなることもある。

06 バベル
モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本。見えないところで繋がっていく運命の不思議さ。孤独な魂が生み出す悲劇と喜び。菊地凛子のアカデミー賞ノミネートは快挙でした。

07 ストリングス 愛と絆の旅路
ハル王子は父の仇を探す旅のなかで、復讐と愛の意味を見つけていく。いくつもの糸で操られたマリオネットの世界。その舞台設定が秀逸でした。

08 ミルコのひかり
両目の視力を失ったミルコは全寮制の盲学校で古いテープレコーダーを見つけ、新たな物語を作り出していく。視力を失ったことは悲劇である。だが、別な何かを始める出発点でもあった。

09 世界最速のインディアン
バート・マンローは62歳でニュージーランドからはるばるアメリカへ渡り世界最速記録を打ち立てた。夢を追い続けたことも素晴しいが、その実現は多くの人たちの善意と援助に寄るものだ。

10 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリーはヴォルデモート卿の陰謀により窮地に立たされるが、自らの意志力で乗り越えていこうとする。シリーズ5作目にして、もっとも感銘を受けた。

●日本映画
01 それでもボクはやってない
徹平は身に覚えのない痴漢容疑で逮捕され、長期にわたる裁判の道を選んでいく。えぇ、日本の司法制度はこんな状況なのという驚愕を覚えた衝撃作。周防正行監督はやはり凄い。

02 河童のクゥと夏休み
康一は学校帰りに不思議な石を拾うが、なんと河童の子供であった。クゥと名付けられ河童のため、康一とその家族は様々な試練に立ち向かっていく。もっとも評価されて欲しいアニメ作品。

03 めがね
タエコはかたくなに拒んでいたサクラの氷あずきを食べて、世界を一新させる。たそがれの世界は、微妙な距離感で成り立っていた。来るも、去るのも自由であるが、永遠には居られない。

04 夕凪の街 桜の国
父の行動を不審に思って後をつけた七波は、そのまま広島までやって来てしまう。原爆の悲劇は、今尚続いていることを実感する。けっして、仕方ないでは済まされない。

05 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
オトンに愛想を尽かしたオカンは幼いボクを連れ、小倉から筑豊の実家に戻る。オカンの生き方は簡単なようでいて、なかなか真似できないものである。だから、胸を打たれる。

06 アヒルと鴨のコインロッカー
大学入学のため引っ越してきた椎名は隣人の河崎という不思議な青年に声を掛けられる。伊坂幸太郎の原作も読んでみましたが、見事に脚色しております。ラストシーンなど映画版の方が素晴しい。

07 魂萌え!
急死した夫が長年浮気していたことを知り驚愕する敏子。身勝手な長男の振る舞いにも怒り、家を飛び出してしまうが。自分の人生を見つめてやり直すのは、いつからでも始められる。

08 幸福な食卓
佐和子は家族崩壊危機の中でも朝の食卓だけは大切にしていたが、ボーイフレンドの大浦の事故死に心を塞いでしまう。悩み傷つきながらも成長していくことを象徴したラストシーンが素晴しい。

09 天然コケッコー
中学2年の右田そよは都会から来た転校生の大沢広海に心波立つが。もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう。この台詞が良かったです。

10 あしたの私のつくり方
高校生になった寿梨はいじめにあっていた小学校時代の同級生日南子に携帯メールを送るようになる。自分自身を肯定することがいかに難しいか。本当の自分を求めて揺れ動くさまを静かに描写。

●エンターテインメント度を重視した裏ベスト
01 アポカリプト
02 ボーン・アルティメイタム
03 ダイ・ハード4.0
04 ドリームガールズ
05 ヘアスプレー
06 ハッピー フィート
07 デス・プルーフ in グラインドハウス
08 キサラギ
09 スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ
10 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

|

« ヘアスプレー | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »

ベストテン発表」カテゴリの記事

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008/01/02 09:51

重なったのは2本だけですが、好きな作品ばかりです。

投稿: マダムクニコ | 2008/01/04 17:16

あけましておめでとうございます。
私の正月はこれが終わらないと始まりません。
今年も、ブロガーが選んだ映画ベスト10の集計が終わりました。今年は近年稀に見る混戦で、面白かったですが、しんどかったです。ぜひご覧下さい~。

投稿: aq99 | 2008/01/08 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/17542889

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年ベストテン:

» 2007年 ブロガーたちが選んだ映画ベスト10 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
皆様、明けましておめでとうございます。人のベスト10を"趣味"で捜査させてもらってます。 “ブロガーたちが選んだ映画ベスト10”も今回で4回目。 2006年 ブロガーたちが選んだ映画ベスト10 2005年 ブロガーたちが選んだ映画ベスト10 2004年 ブロガーたちが選んだ映画ベスト10 全く飽きることなく、むしろライフワークと化して今年も楽しく調べさせてもらいました。今回は71人のブロガーのベスト10を調べました。対象ブロガーは、ある程度の本数を映画館で見て記事を書いてる... [続きを読む]

受信: 2008/01/08 22:57

» 2007年の観賞映画・個人的ベスト10 [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
1位 サラバンド (スウェーデン/イングマール・ベルイマン)  2位 デジャヴ (アメリカ/トニー・スコット)  3位 ブラックブック (オランダ/ポール・ヴァーホーベン)  4位 エクスクロス〜魔境伝説〜 (日本/深作健太)  5位 絶対の愛 (韓国/キム・ギドク)  6位 バベル (アメリカ/アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ)  7位 ブラッド・ダイヤモンド (アメリカ/エドワード・ズウィック)  8位 グッド・シェパード (アメリカ/ロバート・デ・ニーロ)  9位 クィー... [続きを読む]

受信: 2008/01/10 00:31

« ヘアスプレー | トップページ | ALWAYS 続・三丁目の夕日 »