« クローズド・ノート | トップページ | グッド・シェパード »

2007/12/25

サウスバウンド

製作年:2007年
製作国:日本
監 督:森田芳光

元過激派の父親一郎(豊川悦司)の破天荒な言動に反発して、一人暮らしを始める洋子(北川景子)。その時の引っ越しシーンが短いながらも印象深い。

同棲相手らしい男性がトラックから軽い荷物から降ろさず、洋子が重たいバックを弱々しく運んでいく場面。このバックが沖縄の西表島に向かった時にまた使われている。その時は、島の巡査(松山ケンイチ)が軽々しく持ち運んでいく。自分自身にしか目を向けない都市と周囲に気配りする余裕のある田舎。この対比がなかなか絶妙であった。

さて、彼女は、何故、家族の元に戻ってきたのか。家族にとっては問題を引き起こす迷惑この上ないと思わせる父親であるが、その基本姿勢は間違っていない。常識外れではあるが、決して間違ったことを言っていないのだ。おかしいと思ったことを、声高に意義をとなえれば、周囲に軋轢を呼ぶ。

だが、父親の内面が物語の進行と共に明らかになり、どんどん好感を増していく。決め台詞の「ナンセンス!」も、魅力的に聞こえるようにもなるのだ。彼女の帰還は見る者と父親の関係が変化していく一つの象徴である。

|

« クローズド・ノート | トップページ | グッド・シェパード »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/17471899

この記事へのトラックバック一覧です: サウスバウンド:

« クローズド・ノート | トップページ | グッド・シェパード »