« 紙屋悦子の青春 | トップページ | あしたの私のつくり方 »

2007/09/17

ミス・ポター

製作年:2006年
製作国:イギリス/アメリカ
監 督:クリス・ヌーナン

本作品は、どういう視点で見るかによって評価が分かれるだろうと思う。無論、ピーターラビットを生んだ女流作家ビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)の半生を描いた伝記映画であることは変わりない。

だが、そうしたドラマを期待していると、あまりに平坦な出来栄えである。また、20世紀初頭の時代、女性の自立ドラマの側面もあるのであるが、結婚を迫る母との対立もあるとはいえ、さほど大きな障害となっていない。

どうも、淡々と物語が進んでいき、ある種の不満を感じる。見方を変えれば、本作品の主題がそうしたところにないからではないか。

ビアトリクスの生涯を見て感じ取るのは、自分の生きる場所を自分で選ぶということの大切さである。彼女にとって、それはロンドンではなく湖水地方であった。その景観を守るために、自分の財産を惜しみなく使っていく。

環境保全という大儀もあるだろうが、それよりも自分のためということが大きいだろう。彼女が清々しく見えるのはそのためだと思う。

|

« 紙屋悦子の青春 | トップページ | あしたの私のつくり方 »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/16478159

この記事へのトラックバック一覧です: ミス・ポター:

« 紙屋悦子の青春 | トップページ | あしたの私のつくり方 »