« ダイ・ハード4.0 | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド »

2007/07/10

憑神 つきがみ

2007年日本
監督:降旗康男
原作:浅田次郎
出演:妻夫木聡 西田敏行 赤井英和 森迫永依

不遇の境遇とは、本人の心に持ちようで変わるのではないか。酔った勢いで間違った稲荷に拝んでしまい、災いの神様たちに取り付かれてしまった彦四郎(妻夫木聡)。不運の極地に陥ったようである。だが、そのことで、彼は不幸になったのか。

いや、そうとは言えないであろう。最初こそ、その不運を振り払おうと慌てふためく。だが、不運と向き合ううちに、自分にとって大切なものは何かを掴んでいくのだ。つまり、不運であるから、不幸になるとは限らないのである。不運は人生の意義を見つける機会であるかもしれないのだ。

映画としては、頑なな態度を取っていた疫病神(赤井英和)が彦四郎に同情する心情の変化に説得力がないことや、最後に彦四郎の決めた行動を肯定できないなど、留保点は残る。

だが、死神を演じた森迫永依の存在が秀逸だった。死神とは対極にあるような幼女の姿が意表を付くし、彦四郎に死の罠を仕掛けた時の笑顔が鮮明に心に残る。

|

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド »

製作年:2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/15711151

この記事へのトラックバック一覧です: 憑神 つきがみ:

» 憑神 [映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ]
試写会で先に観た 友人が 妻夫木くんのことは 誉めていたけれど 降旗監督のことは    ” もう 撮るのをやめたほうがいいと思います ” と 言っていた わけが何となくわかったような気がしました。 今にして思えば 予告は なかなか面白かったな・・と。苦笑 はい。 久々に ボロクソ感想を言いたいと思います。(笑) まずは・・ 赤井英和さん 実は 映画で観たのは初めて。 なに?? なに?? この へたくそ!! セリフは 早口で 聞き取りにくく      口の中で モゴモゴいっているだけだし 覚えた... [続きを読む]

受信: 2007/08/01 15:56

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド »