« アポカリプト | トップページ | ダイ・ハード4.0 »

2007/06/26

ゾディアック

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:デヴィッド・フィンチャー

犯人を特定することに混迷を極める難事件。その担当となった警察官が、寝食を忘れて取りつかれたように事件にのめり込んでいく様子。「プレッジ」(2001)のジャック・ニコルソンや「ブラック・ダリア」(2006)のアーロン・エッカートの姿が思い出されてくる。

謎に飲み込まれてしまう警察官なら珍しいことではないが、本作品では、直接事件には関係していない新聞社の風刺漫画家グレイスミス(ジェイク・ギレンホール)がそうなってしまうのだ。そこが実に興味深い。仕事として行う事件調査は、調査のために要する時間を必ず制限され、どこかで一線を画することができる。

だが、グレイスミスのようにその制限から外れて、事件に没頭してしまうとどうなるのか。それが解決されるのならいい。どんなに時間がかかっても、その時間に比例して喜びや満足感が味わえる。第三者からも称賛を受けるであろう。だが、一生解決されないとすれば、どうであろうか。物語のような鮮やかなエンディングにはならないのだ。

そもそも、彼が事件解決することを誰が望んでいただろうか。その為に家族も仕事も無くしてしまうことに、何の意味があるのだろうか。妄執に囚われてはいけない。

|

« アポカリプト | トップページ | ダイ・ハード4.0 »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/15566389

この記事へのトラックバック一覧です: ゾディアック:

» 映画「ゾディアック」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Zodiac つい先日観たばかり、迷宮事件ファイル(COLD CASE FILES)の「冷たい一撃」を思い出していた。間延びする物語にヒストリーチャンネルでイナフかなと・・・ 独立記念日の1969年7月4日、人ごみを避けて静かな場所まで車を走らせ、これから一戦交えようかという... [続きを読む]

受信: 2007/07/01 02:04

» ゾディアック [Akira's VOICE]
犯人は必ずいる。 [続きを読む]

受信: 2007/07/05 11:12

» 「ゾディアック」 [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「ゾディアック」を観賞。監督はデビッド・フィンチャー、出演はジェイク・ギレンホール 、マーク・ラファロ 、ロバート・ダウニーJr 、アンソニー・エドワーズ 、ブライアン・コックス 、イライアス・コティーズほか。1969年。その事件は新聞社に送りつけられた犯行... [続きを読む]

受信: 2007/07/10 11:26

» ゾディアック [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
アメリカ犯罪史上に残る「ゾディアック事件」。現在も未解決のままになっている本事件と事件を追う者たちの姿を描いた作品です。 1969年、ドライブをしていたカップルが襲撃され、女性は死亡、男性は重傷を負います。その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と名乗る人物(後に... [続きを読む]

受信: 2007/07/14 13:26

» 4人の男たちの人生を壊した “ゾディアック” [銅版画制作の日々]
  追ったが故に壊れ行く男たち。それでも追わずにはいられない 全米史上初の劇場型連続殺事件。奇妙な暗号で世界を挑発した犯人は“ゾディアック”と名乗った。 6月19日、MOVX京都にて鑑賞。実在する“ゾディアック事件”をもとに、「セブン」のデビッド・フィンチャー監督が突きつける、今もなお継続中の謎「ゾディアック」・・・・それは近づけば必ず嵌る。あまりにも危険な罠。真実が知りたいその欲求はおそろしいまでに伝播する ここに描かれるのは、ゾディアックに... [続きを読む]

受信: 2007/07/27 23:38

» ゾディアック [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
アメリカ犯罪史上に残る「ゾディアック事件」。現在も未解決のままになっている本事件と事件を追う者たちの姿を描いた作品です。 1969年、ドライブをしていたカップルが襲撃され、女性は死亡、男性は重傷を負います。その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と名乗る人物(後に... [続きを読む]

受信: 2007/07/31 07:31

« アポカリプト | トップページ | ダイ・ハード4.0 »