« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | バベル »

2007/05/14

ロッキー・ザ・ファイナル

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:シルヴェスター・スタローン

4月16日、バージニア工科大学銃乱射事件。4月17日、長崎伊藤市長殺害事件。4月18日、NASA職員殺害事件。4月20日、東京都町田市立てこもり事件。2007年の春、何の因果か、日米で銃犯罪が相次いでに発生している。

ひとつひとつの事件の動機が全て解明されているわけではないのですが、報道によると恨みを果たしたいという動機が共通しているように感じられます。自分の人生がうまくいかないことをすべて他者のせいだと考えてしまうこと。そのために凶行を引き起こすことで溜飲は本当に下がったのでしょうか。

本作品ではロッキー(シルヴェスター・スタローン)が息子ロバート(マイロ・ヴィンティミリア)に、「他人のせいにするな。人生は自分で切り開け」と懸命に訴えかけるシーンが屈指の名場面になっております。この言葉が犯行前の犯人たちに届いていればと思わずにはいられません。

|

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | バベル »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/15070922

この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー・ザ・ファイナル:

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | バベル »