« 9 Songs ナイン・ソングス | トップページ | ホリデイ »

2007/04/16

ブラッド・ダイヤモンド

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:エドワード・ズウィック

生きてきた境遇が全く違う、普通であれば出会うことのない筈の男二人。ある事件をきっかけにして、行動を共にしなければならなくなる。その旅を続けるうちに、少しずつ少しずつ心を通わせていく。

それに平走して、男女間の結ばれない恋愛ドラマも用意されているのは、エドワード・ズウィック監督の前作「ラスト サムライ」(2003)と全く同じ人間関係である。

レオナルド・ディカプリオとジャイモン・フンスーとジェニファー・コネリー、トム・クルーズと渡辺謙と小雪という人物設定が見事に重なっている。ここにこの監督の核となる資質を感じる。

暴かれるダイヤモンド業界の暗部。アフリカ、シエラレオネの内戦の実情。幼少の子供たちを強制的にゲリラに仕立てていく異常性。アクション映画の裏側に秘められた事実の重さにも唖然とするが、それをベースに自分の秘めたテーマを重ねていくズウィック監督の手腕も興味深かった。

|

« 9 Songs ナイン・ソングス | トップページ | ホリデイ »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/14704120

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・ダイヤモンド:

» 映画 - ブラッド・ダイヤモンド [アクション映画のアクション論]
試写会で映画 - ブラッド・ダイヤモンド観て来ました!アクション映画好きな方には超お勧め!血塗られた大地の中、究極の家族愛がここにある!まだ真っ暗な早朝。アフリカの粗末な家の中。お父さんが寝ている息子ディアを起します。学校まで5キロ。歩いて登校なのです。そして、真っ昼間。お父さんと一緒に下校します。貧しいけど賑やかな村です。誰も金がない事を呪ったりすることなく、毎日笑って過ごしています。お父�... [続きを読む]

受信: 2007/04/17 01:01

» アビエイター [アクション映画のアクション論]
こういう挑戦もの大好きですv主演がレオナルド・デカプリオということで……えっと……タイタニックの人? まぁおいといて。(あんまりそういうの知らない)実在の「ハワード・ヒューズ氏」のドキュメンタリーだそうです。額に血管を浮かべた異常潔癖性の主人公ハワードは迫力ありました。映画で見る限り、「天才とキ○○イは紙一重」を地で行った人のようです。「ハワード・ヒューズ氏」自体をまったく知らずに映画を見ていたので、... [続きを読む]

受信: 2007/04/17 01:20

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... [続きを読む]

受信: 2007/04/18 01:21

» ブラッド・ダイヤモンド [えいがの感想文]
監督:エドワード・ズウィック 出演:レオナルド・ディカプリオ    ジェニファー・コネリー    ジャイモン・フンスー ほか 内戦が続く90年代のアフリカ・シエラレオネで、隠されたピンク・ダイヤモンドをめぐり 3人の男女の運命が交錯する社会派ストーリー。 「抗争ダイヤモンド」というものがあるという事実。 国が違えば正規ルートで輸出され、現地人を潤しているダイヤが多いのでしょうが、 こういった血塗られた事実を隠し持っているダイヤが流通している。 ソロモンの言うとお... [続きを読む]

受信: 2007/04/24 09:54

» ブラッド・ダイヤモンド [えいがの感想文]
監督:エドワード・ズウィック 出演:レオナルド・ディカプリオ    ジェニファー・コネリー    ジャイモン・フンスー ほか 内戦が続く90年代のアフリカ・シエラレオネで、隠されたピンク・ダイヤモンドをめぐり 3人の男女の運命が交錯する社会派ストーリー。 「抗争ダイヤモンド」というものがあるという事実。 国が違えば正規ルートで輸出され、現地人を潤しているダイヤが多いのでしょうが、 こういった血塗られた事実を隠し持っているダイヤが流通している。 ソロモンの言うとお... [続きを読む]

受信: 2007/05/15 09:42

« 9 Songs ナイン・ソングス | トップページ | ホリデイ »