« トゥモロー・ワールド | トップページ | 9 Songs ナイン・ソングス »

2007/03/20

プラダを着た悪魔

製作年:2006年
製作国:アメリカ
監 督:デヴィッド・フランケル

「仕事だから仕方がない」という言葉を吐くとき。自分の仕事を肯定的にとらえているか、否定的にとらえているかで、意味合いは違ってくる。

仕事ができればできるようになるほど、プライベート時間が侵食されていく。その時に、家族や恋人に対してどういう心持ちで話せるのかが問われる。積極的に説得できるのか、単なる言い訳に終わるのか。

アンドレア(アン・ハサウェイ)は恋人に対して「仕方がない」と繰り返すが、言い訳にしかならない。彼が別れを切り出したのは、自分と過ごす時間が減ってしまったことと共に、彼女の否定的な態度が嫌になってしまったのではないだろうか。

アンドレアはミランダ(メリル・ストリープ)の私生活のマイナス面を知って、自分の将来を感じてしまった。それは、自分の本当に望む生活なのかと自問する。そして、彼女はひとつの決断を下す。そうして、自分の人生を肯定できるようになったのだ。

|

« トゥモロー・ワールド | トップページ | 9 Songs ナイン・ソングス »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/14327547

この記事へのトラックバック一覧です: プラダを着た悪魔:

» プラダを着た悪魔 [シアフレ.blog]
本作の一番の見所は、次々と登場するゴージャスなファッションです。 タイトルのプラダはもとより、シャネル、エルメス、ドルチェ&ガッバーナなど、一流ブランドのアイテムが続々と登場します。 ファッションにはまっ... [続きを読む]

受信: 2007/04/06 19:41

« トゥモロー・ワールド | トップページ | 9 Songs ナイン・ソングス »