« ラストデイズ | トップページ | グエムル 漢江の怪物 »

2006/12/18

君とボクの虹色の世界

製作年:2005年
製作国:アメリカ
監 督:ミランダ・ジュライ

人はどこで出会い、どこで繋がっているのか分からない。多彩な年齢や男女が次々と登場してくる群像ドラマであるが、不思議な縁でサークルが出来ている。その繋がりがユニークで、とても興味深い。

特にインターネットという顔が見えないコミュニケーション手段は、思いもよらない者同士が会話をしていることに驚かされる。本作品ではそのことが突出した形で提示している。それは、犯罪を呼び起すような暗い側面もあるが、想像を絶するような出会いが生まれるかもしれないのだ。

本作品の登場人物たちは、愛を求めながらもコミュニケーションがうまくとれずにいる。それでも、無理に行動を続けようとし、本人はいたく真剣であればあるほど、周囲から見れば奇妙で不可思議な行動になる。それが面白くもあり、とても哀しい。

|

« ラストデイズ | トップページ | グエムル 漢江の怪物 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/13106965

この記事へのトラックバック一覧です: 君とボクの虹色の世界:

» 『君とボクの虹色の世界』 [シネマな時間に考察を。]
『君とボクの虹色の世界』 ME AND YOU AND EVERYONE WE KNOW サンダンス・NHK国際映像作家賞作品 2005年/アメリカ/90min 監督・脚本・主演:ミランダ・ジュライ 嬉しい出会い、というのはこういうことを言うのだろう。 こんなにセンシティブな作品がまさかアメリカ... [続きを読む]

受信: 2011/02/21 17:07

« ラストデイズ | トップページ | グエムル 漢江の怪物 »