« 埋もれ木 | トップページ | X-MEN ファイナル ディシジョン »

2006/12/22

ハチミツとクローバー

製作年:2006年
製作国:日本
監 督:高田雅博

大学時代とは、親元を離れ、束縛されることなく、楽しいことや哀しいこと、尊いことや虚しいことなどを貪欲に吸収していく時間なのではないだろうか。社会人になる前に、自己の価値観を熟成させていく贅沢な時間であると思う。

本作品のように一つのグループが生まれ、日常の様々な空間を共有することの楽しさは、後になってから感慨深く思うものであろう。

ここで活きてくるのが、花本(堺雅人)や原田(西田尚美)達など、一つ上の世代を登場させ、竹本(櫻井翔)たちの悩みは、彼らだけのものでなく、誰もが経験する普遍性を感じさせることである。様々な挫折や失意を心に抱えて人は生きていくのである。

|

« 埋もれ木 | トップページ | X-MEN ファイナル ディシジョン »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/13157312

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

» 『ハチミツとクローバー』 [京の昼寝〜♪]
人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。 ■監督 高田雅博■脚本 河原雅彦・高田雅博■原作 羽海野チカ■キャスト 櫻井 翔、蒼井 優、伊勢谷友介、加瀬亮、関 めぐみ、西田尚美□オフィシャルサイト  『ハチミツとクローバー』 ある日のこと、竹本(櫻井 翔)は恋に落ちた。それは一瞬のことだった。 彼の瞳の先にいたのは、一心不乱に筆を走らせるはぐみ(蒼井 優)だった。 ... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 08:15

« 埋もれ木 | トップページ | X-MEN ファイナル ディシジョン »