« ピーナッツ | トップページ | 出口のない海 »

2006/12/27

アサルト13 要塞警察

製作年:2005年
製作国:アメリカ/フランス
監 督:ジャン=フランソワ・リシェ

過去の捜査の失敗から心に深いダメージを受け、立ち直れないまま第一線から退き、地方警察で覇気のないまま日常業務を過ごす男。

この最初の設定は、ブルース・ウィリス主演の「ホステージ」(2005)に類似している。彼の管轄で凶悪事件が発生し、再生へのきっかけになっていくところもそうだ。「ホステージ」に限らず、冒険アクション映画のひとつの定型と言ってもよい。

で、あるとすれば、注目されていくのは、ひとつひとつのエピソードの仕上り具合である。主演のイーサン・ホークを始め、ローレンス・フィッシュバーン、ジョン・レグイザモ、ガブリエル・バーンらの存在感は抜群で非常に目をひくが、ドラマ展開がいささか安易すぎるのではないか。

襲撃と防御の駆け引きに、もう一捻り欲しい。署内にスパイがいるかもしれないという疑惑も、いまひとつ効果を発揮していない。

そして、最後まで署内で戦い続けるエピソードのアイディアが尽きてしまい、外に出てしまったことも減点であると思う。「こうなったら戦うしかない。守りを固めて夜明けまでもちこたえるんだ」という勇ましい台詞もしぼんでしまう。

|

« ピーナッツ | トップページ | 出口のない海 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/13215447

この記事へのトラックバック一覧です: アサルト13 要塞警察:

« ピーナッツ | トップページ | 出口のない海 »