« 三年身籠る | トップページ | 明日の記憶 »

2006/10/09

アンダーワールド

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監 督:レン・ワイズマン

「これは一体、誰の戦争なんだ」という一つの問い掛け。これが重く胸に響く。

吸血鬼一族と狼男一族の果てしない殲滅戦。彼らは、自らの一族の存亡を賭けて戦っていると答えるかもしれないし、大切な者を奪った誰かへの復讐のためにと答えるかもしれない。あるいは、その両方である場合もあるだろう。

だが、当事者には分らないであろうが、一歩引いて見てみれば、為政者の私怨や野望の道具であるだけかもしれないのだ。であるとするならば、なんと虚しいことであろう。

そのために、たくさんの悲劇が生まれ、掛け替えのない大切なものが失われてしまうのだ。戦争の実態がここにある。

セリーン(ケイト・ベッキンセイル)は上司クレイヴン(シェーン・ブローリー)の不信から独自の捜査を続けるが、その果てに待っていたのは驚愕の事実。自らのアイデンティティーを崩壊させてしまう。

帰るところをなくした彼女はどこへたどり着くのか。その答えを続編「アンダーワールド エボリューション」(2006)でどのように描かれているのかが、次の焦点です。

|

« 三年身籠る | トップページ | 明日の記憶 »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしておりました。

『アンダーワールド:エボリューション』はまだ見ていませんが、ぜひ観たいと思った作品です。

夜の世界なので、画面の暗さは仕方がないのだけれど、ビクターの復活で事実がわかったセリーンの過去。
戦いの発端を知れば、一層、この戦いのむなしさが強調されて切なかったです。

投稿: D | 2006/10/21 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/12206737

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーワールド:

» アンダー・ワールド [映画を観よう]
タイトル: アンダーワールド スペシャル・エディション UNDER WORLD ケイト・ベッキンセール、スコット・スピードマン、マイケル・シーン 【ストーリー】 ? 数百年にわたって続けられてきたヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)の戦いは... [続きを読む]

受信: 2006/10/21 19:53

» アンダーワールド(DVD) [ひるめし。]
この闘い 本能か 愛か―。 [続きを読む]

受信: 2009/03/18 12:50

» アンダーワールド/ケイト・ベッキンセイル [カノンな日々]
『アンダーワールドビギンズ』を鑑賞するのにやっぱり前作を復習しなくっちゃと再鑑賞しました。初見のときはごちゃごちゃしていて世界観がよくわからなかった印象があるんですけど、再鑑賞はなかなか面白かったです。 出演はその他に、スコット・スピードマン、シェーン....... [続きを読む]

受信: 2009/03/25 23:13

« 三年身籠る | トップページ | 明日の記憶 »