« GOAL ゴール | トップページ | アンダーワールド »

2006/10/06

三年身籠る

「三年身籠る」★★★★
(盛岡フォーラム3)2005年日本
監督:唯野未歩子
原作:唯野未歩子
脚本:唯野未歩子
出演:中島知子 西島秀俊 奥田恵梨華 塩見三省

詳しくはこちらで・・・
三年身籠る@映画生活

冬子(中島知子)も緑子(奥田恵梨華)も、父の不在がその生涯に多大な影響を及ぼしている。届く事のない手紙を書き続ける。父親と同年代と思われる年齢差のある男性と付き合う。

そんな彼女たちとは対照的に、祖母(丹阿弥谷津子)も母親(木内みどり)も男性のいない生活に特別不自由も感じていない。困るのは缶の蓋が開けられないことぐらいだ。

このマイペースな生活ぶりを姉妹二人は何故送ることができないのか。おそらく、姉妹二人は父の不在の欠落感を埋めようとして行動するが、決して埋めることができず不安定な感情のままなのであろう。

欠落は欠落のままで置いておき、橋をかけて渡るくらいの気の持ちようで構わないのではないか。ここで思い出すのはファースト・シーン、道路のゴミ拾いを延々と続ける冬子の行動。いくら集めても、集めても終わりは見えてこない。待っているのは不毛な砂漠だ。

|

« GOAL ゴール | トップページ | アンダーワールド »

「★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

>待っているのは不毛な砂漠だ。

確かに。
本作は、冒頭からして、シュールで深いですね。
彼女をはじめとする女性監督たちの活躍が楽しみです。

投稿: マダムクニコ | 2006/10/08 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/12168928

この記事へのトラックバック一覧です: 三年身籠る:

» 三年身籠る/戦略のまなざし [マダム・クニコの映画解体新書]
 女性の身体(妊婦)に焦点を当てて、伝統的な価値観を見直そうという大胆な試みが興味深い。個性派女優・唯野未歩子の原作・脚本・監督(初)作品。女性スタッフを数多く採用し、女性監督ならではの斬新な視点がきらめく秀作だ。 三年身籠る  冒頭、霧の中で道路を掃く箒の音だけが聞こえる。次第に霧が晴れて、主人公である9か月の妊婦・冬子が 後ずさりしながら掃除する姿が映し出される。  掃いても掃いても、振り返る度にゴミが... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 13:02

« GOAL ゴール | トップページ | アンダーワールド »