« 寝ずの番 | トップページ | ビハインド・ザ・サン »

2006/09/24

ナイロビの蜂

「ナイロビの蜂」★★★★★
(ルミエール2)2005年イギリス
監督:フェルナンド・メイレレス
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:ジェフリー・ケイン
出演:レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ
   ユベール・クンデ ダニー・ヒューストン

詳しくはこちらで・・・
ナイロビの蜂@映画生活

ジャスティン(レイフ・ファインズ)とテッサ(レイチェル・ワイズ)の出会いの場面が効いている。二人の人物像はこの場だけでよく伝わってくる。外交官という職種には、テッサの行動はマイナス評価になるのは分っていても、彼女と結婚したジャスティン。

常識に縛られない奔放な彼女を愛したはずなのに、一緒に行動していたアフリカ人医師アーノルド(ユベール・クンデ)との関係を疑ってしまった嫉妬心。冒頭で飛行機に乗る二人を見送るジャスティンの姿が示唆的であった。

ジャスティンの飽くなき真相追及は彼女の非業な死に対する義憤というよりも、彼女の不実を疑ってしまった贖罪であったのではないだろうか。

フェルナンド・メイレレス監督の演出にも唸った。謀略ミステリーとしても、ラブ・ストーリーとしてもなかなかの味わいを保っているが、もう一つ「アフリカ人の命は安い」という重厚な主題が全編を貫いている。イギリス人居住区とアフリカ人居住区を絶妙なタッチで切り替え、観る者をハッとさせる。両者の深い隔たりを感じさせるのだ。

|

« 寝ずの番 | トップページ | ビハインド・ザ・サン »

「★★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/12021991

この記事へのトラックバック一覧です: ナイロビの蜂:

» ナイロビの蜂(映画館) [ひるめし。]
地の果てで、やっと君に帰る。 CAST:レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 他 ■イギリス産 128分 ラブストーリー要素と社会派サスペンス要素を両方あわせ持ったけっこうずっしりくる作品。 食べ物でいえばカツカレーみたいな感じかしら?(カツとカレーを同時に食べれてハラもちが良い) レイチェル・ワイズはこの作品でアカデミー賞を受賞! でも映画始まった途端�... [続きを読む]

受信: 2006/09/25 20:44

» 正しき怒りを~映画ナイロビの蜂より [セルフメンテナンス~曙光~]
映画「ナイロビの蜂」 妻テッサの死の真実を知り、 妻と同じ道を歩む夫ジャスティンが主人公です。 この映画の感想では、 「夫婦愛を謳った勘当の作品」 「彼女みたいに愛されたい」 といった声がよく見受けられます。 でも・・・・。 この映画は、事実に基づいた映画です。 巨大多国籍企業が、 アフリカの貧しい人々に 人体実験をしていたという実話です。 アフリカで人道支援の活動を続けるテッサは真実を知り、殺される。 自宅の... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 04:59

» ナイロビの蜂 ★★★★ [結局映画かよ]
サスペンス。そして最大の恋愛映画。 ナイロビの蜂 (THE CONSTANT GARDENER) 製作: 2005年、イギリス 配給: ギャガ 監督: フェルナンド・メイレンス 原作: ジョン・ル・カレ 出演: レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ ナイロビの蜂@映画生...... [続きを読む]

受信: 2006/10/17 21:43

« 寝ずの番 | トップページ | ビハインド・ザ・サン »