« リトル・チュン | トップページ | イン・ディス・ワールド »

2006/07/21

メルシィ 人生

製作年:2000年
製作国:フランス
監 督:フランシス・ヴェベール

冒頭の記念写真の場面と「僕はいままで透明人間でした」というピニョン(ダニエル・オートゥイユ)の台詞がうまく結び付いている。ゲイ騒動によって、今まで経験したことのない注目を彼は集めることになる。そして、彼はそれまでの自分に何が足りなかったのか気付いていく。

最後に記念写真をもう一度持ってきて、そのことが分る仕掛けだ。人生、遠慮ばかりしていてはいけない。ここぞというところではしっかりとアピールしなければ、何も掴むことはできない。

興味深いのは、人間、レッテルひとつ貼られるだけで、どんな風にも見られてしまうということ。同じ言葉、同じ挨拶、同じ仕草であっても、レッテルひとつで違うように感じられてしまう。

本作品の中では、ゲイという分りやすい例で示されているが、これは普遍的なことであると思う。周囲の目は関係ないと粋がるのは簡単であるが、それによって生き易くも生き難くなることを自覚しておくべきだ。

もうひとつ面白かったのは、差別的言動を繰り返していたサンティニ(ジェラール・ドパルデュー)の変貌であろう。同僚の悪戯からとは言え、徹底的に差別用語を禁じられると、精神的に参ってしまうくらい自己をなくしてしまう。

これは何故か。差別する心とは恐怖の裏返しであるからであろう。激しく罵倒する言葉の裏側で、無意識のうちにも取り込まれてしまうことを恐れているのだ。

|

« リトル・チュン | トップページ | イン・ディス・ワールド »

製作年:2000年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/11037665

この記事へのトラックバック一覧です: メルシィ 人生 :

« リトル・チュン | トップページ | イン・ディス・ワールド »