« 春が来れば | トップページ | リトル・チュン »

2006/07/20

綴り字のシーズン

製作年:2005年
製作国:アメリカ
監 督:スコット・マクギー/デヴィッド・シーゲル

例えば、飲酒やギャンブルに溺れるとか、不倫が発覚して喧嘩が絶えないとか、犯罪行為が発覚し世間から糾弾を受けるというような分りやすい原因があるのなら、家庭崩壊もある種必然だと感じさせる。

だが、このナウマン家の場合はどうであろう。イライザ(フローラ・クロス)がスペリング・コンテストに勝ち残っていくのに比例して、家族の間がおかしくなってくる。

それまであまり関心を持っていなかったと推測される父親ソール(リチャード・ギア)がイライザに付きっきりになったとき、母と長男は自己を見失うように極端な行動に走っていき、家族はバラバラになってしまう。これは一体なんなのか。

父親が周囲のことをよく見ていないマイペースな男であるということを原因であるとするのは容易い。だが、それは表面的なことに過ぎないだろう。問題は個々の思いを抑圧し、父親の期待する姿を無意識のうちに演じていたことに気付いてしまったからではないか。

父親の視線がイライザに集中したとき、それが叶わないと自覚してしまった。そして、彼らのアイデンティティが大きく揺らいでしまったのではないだろうか。

最大のポイントはイライザの最後の決断。通俗的な感動ドラマであれば、まず逆になっているはずだ。それが、この物語を難解にしている一因でもある。

だが、この決断によって、家族再生を願う少女の想いが観る者に伝わり、清々しい余韻が残る。

|

« 春が来れば | トップページ | リトル・チュン »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

TB有難う御座いました♪
まんまと難解さにハマって殆ど意味不明でした。:゚(。ノω\。)゚・。
最後はアレで何か解決してるんでしょうか^^;
どーも全体的にイマイチ何が言いたいのか分からない作品でした(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪

投稿: Aki. | 2006/07/20 06:33

TBGありがとう。
僕は、原作を読んだのですが、もっとわかりやすかったですね。難解にみえるのは、脚本がこなれていないからのように、思われます。
こちらからも、TBしておきます。

投稿: kimion20002000 | 2006/07/20 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/11017318

この記事へのトラックバック一覧です: 綴り字のシーズン:

» 綴り字のシーズン [ぶっちゃけ…独り言?]
3.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』でやっぱり良い役者だなぁ〜と 再認識させてもらったリチャード・ギアの主演作です。 彼が出てるわりには殆ど話題にもならなかったので危険だとは思っていた のですが・・・ 見事に予感的中。 全然、面白くなかったです。 えっとですねぇ、何が言いたいのかサッパリパリなんです... [続きを読む]

受信: 2006/07/20 06:30

» [ 綴り字のシーズン ]他人への愛、思いやりが世界の復元の“力” [アロハ坊主の日がな一日]
[ 綴り字のシーズン ]@日比谷シャンテ・シネで鑑賞。 この映画だけチケットが無料で3枚も入手できたのだが、 一緒に観に行く人もなく一人で2回も観てしまった。 [ 綴り字のシーズン ]の原題は[ Bee Season ]。アメ リカで15歳以下の子供対象に行われるスペリング・コンテ スト(spelling bee/スペリング・ビー)が舞台になってい る。2004年には、日本でもこの大会を題材にした映画 [ チャレンジ・キッズ/未来を架ける子どもたち ]が上 映された。観たかっ... [続きを読む]

受信: 2006/07/20 08:10

» 『綴り字のシーズン』 [ラムの大通り]
----これってスペリング・コンテストをモチーフにした映画なんだって? ドキュメンタリーで同じようなのがなかったっけ? 「日本でも公開された『「チャレンジ・キッズ 未来に架ける子どもたち」。 あれを観たときに、本人より周囲が必死なのに 少し違和感を持たざるを得なかったけど、 この映画はまさにその部分を突いている」 ----スペリング・コンテストに否定的なわけ? 「いや、それ自体を描いたと言うより、 それに出場し勝... [続きを読む]

受信: 2006/07/20 10:00

» NO.150「綴り字のシーズン」(米/スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督) [サーカスな日々]
言葉の発生の遥かな起源に、 少女は巫女のように入り込む。 全米でベストセラーとなった女流小説家マイラ・ゴールドバーグの原作。日本では馴染みのない「スペリング・コンテスト」を舞台にしているが、本当に描きたかったのは「家庭崩壊」の物語である。 宗教学者ソール(リチャード・ギア)は、家族の中で、絶対権威のように振舞っている。息子エアロン(マックス・ミンゲラ)は、両親の期待を背負った「進学組」だ。ヘブライ語の修練に�... [続きを読む]

受信: 2006/07/20 12:11

» 綴り字のシーズン [色即是空日記+α]
スペリングコンテスト、文字の正確な綴り方を競う大会。  なじみないなぁ。。。。 日本で云うなら漢字の書き取り大会?w 日本人だから、スペル覚えるのが大変なのかと思ってたけど、  そうでもないらしいな、あたりまえだけど(笑  そこに宗教論が絡んできて「神」という言葉が多用されるのがまたなじみがない。。。... [続きを読む]

受信: 2006/07/20 23:03

» 綴り字のシーズン(DVD) [ひるめし。]
少女は、たった1文字で家族を救う。 CAST:リチャード・ギア/ジュリエット・ビノシュ/ケイト・ボスワース/フローラ・クロス/マックス・ミンゲラ 他 ■アメリカ産 105分 スペリング大会ってアメリカじゃ伝統な大会らしいわ。 日本だと漢字検定なもんなのかしら? 全然違うか・・・。 スペリング大会を勝ち進んでいく少女のサクセスストーリーだと思ったら全然違った。 その大会のせいで家族がお... [続きを読む]

受信: 2006/07/26 20:44

» 綴り字のシーズン BEE SEASON [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
リチャード・ギア、フローラ・クロス ジュリエット・ビノシュ、マックス・ミンゲラ主演 サンフランシスコ・オークランドにナウマン一家は住んでいます 父ソール・ナウマンはユダヤ教を大学で教え 教授 信仰研究家です 妻のミリアムは科学者で 家事の事は出来ないほど忙しくしています 長男アーロンは父が手塩にかけ育てている高校生 時間があると父と息子バイオリンを共に弾き技術の向上を目指しています 末娘 小学生のイライザはごく普通の女の子で 父親はあまり 成長に気に留めていませんでしたが ある日学校のス... [続きを読む]

受信: 2006/07/29 20:02

« 春が来れば | トップページ | リトル・チュン »