« アイス・エイジ2 | トップページ | 白バラの祈り »

2006/07/24

カミュなんて知らない

製作年:2005年
製作国:日本
監 督:柳町光男

オマージュというにはあまりにも露骨な形で登場する「アデルの恋の物語」と「ベニスに死す」。映画のタイトルだけでなく、登場人物の名前から行動まですっかりなぞらえている。

本作品のプロットを考えれば、ここまで分りやすい形でなくても良かったはずだ。それをこんな形にするからには、製作者の計算があってのことだろう。本作品のテーマとリンクさせ、映画的強調になっている。

もう一つ突出しているのは、クライマックスの映画撮影現場だ。最後まではっとさせられる。どこまでが現実で、どこまでが現実でないのか、その境界線が曖昧になったままラストまで続くのだ。

映画というフィクションの世界はもちろん現実ではないが、全くの作り事と言い切ることはできない。現実であり、現実でない。そのことを終始描いているのが本作品であると感じる。

その中で、「これは映画なんだから」という言葉で思考を止めてしまう松川監督(柏原収史)が途中退場してしまうのは必然の流れと言ってよい。とことん映画と現実を融合させていく真情がなければ、映画の神は微笑んでくれない。

|

« アイス・エイジ2 | トップページ | 白バラの祈り »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/11078416

この記事へのトラックバック一覧です: カミュなんて知らない:

» [ カミュなんて知らない ]今どきの若者たちって・・ [アロハ坊主の日がな一日]
[ カミュなんて知らない ]@渋谷ユーロスペースで鑑賞。 僕も知らないと思ったら、それは「異邦人」の著者アルベー ル・カミュのことだった。 [続きを読む]

受信: 2006/07/24 06:52

» カミュなんて知らない [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
新装なったユーロ・スペースに初めて行きました。相変わらず(更に?)、狭い座席でしたが、前よりは、スクリーンは観やすくなっていましたし、さすがに椅子等が綺麗でした。立地というか、周辺の環境は、特に夜は怪しげで、今ひとつでしたが...。このシアターNの入っているビ... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 06:57

» カミュなんて知らない/柏原収史、吉川ひなの、前田愛 [カノンな日々]
カミュって何だ?私もそんなレベルなんだけど、とりあえずお酒ではなさそうだ。あと思い浮かぶのタレントのセイン・カミュかなぁ、なんて冗談のつもりだったけど、そーえいばセインの身内にスゴイ著名な作家がいたっけか?なんて思ってたらなんとそれがビンゴ!セインのお母....... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 11:11

» 『カミュなんて知らない』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
映画な映画はおもしろみにあふれている。現代の学生は共感できるの? 「異邦人」は一応読んだけど、カミュなんてほとんど知らないし、柳町監督のことも知らなかったし、前田愛と前田亜季の判別の仕方も知らないけど。やばっ 都心の大学キャンパス。“映像ワークショップ”を受講する学生たちは、高校生が犯した「不条理殺人」をテーマに、「タイクツな殺人者」と題された映画を製作することになった。2000年5月、愛知県豊川市で実際に起きた老婆刺殺事件。「人殺しを経験してみたかった。人を殺したらどうなるか、実験して... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 12:36

» 「カミュなんて知らない」 [the borderland ]
今日はいつもブログでお世話になってる「Swing des Spoutniks」の丞相さんとプチオフ会を兼ねて一緒に映画観ました。 当初からインパクトあるHNだなと思っていて、聞きたかったんです。そうしたら、友人につけられた名前をそのまま使われてると、なんて大らかな方なんだ(^^; 私なら間違いなく他人につけられたのは使わないだろうな。それとミックスジュースの作り方のコツ教えてもらいました~  ブログでしか知らない方とお会いするのは、緊張もあるんだけど、何度もブログにお邪魔してるから、なんとな... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 21:43

» 正常と異常の境界線◆『カミュなんて知らない』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
2月21日(火)シネマスコーレにて 都心にある大学キャンパス。“映像ワークショップ”を受講する学生たちは、高校生が犯した<不条理殺人>をテーマに、『タイクツな殺人者』と題された映画を製作することになった。クランクイン5日前、主演俳優が突然降板し、助監督の久....... [続きを読む]

受信: 2006/07/30 14:09

» 「カミュなんて知らない」にやられた [エモーショナル★ライフ]
東京国際映画祭の時から気になっていた映画 「カミュなんて知らない」を見てきました。 柏原収史さん、前田愛さん、吉川ひなのさん、中泉英雄さん そして柳町監督の舞台挨拶もあり非常に盛り上がりました。 やられた。 見終わってすぐそう思いました。 非常に良かったで..... [続きを読む]

受信: 2006/08/07 15:56

« アイス・エイジ2 | トップページ | 白バラの祈り »