« バス174 | トップページ | イーオン・フラックス »

2006/06/05

アワーミュージック

製作年:2004年
製作国:フランス
監 督:ジャン=リュック・ゴダール

ゴダールの新作をスクリーンで見るのは何年ぶりであろうか。少なくとも盛岡に来てからは初めてである。まず、そのことが嬉しかった。それがひとつ。

100%理解できるとは最初から思っていないが、やはり難解な作品であった。下手な解釈を書けば失笑されそうで控えるが、一体、この場面は何を意味しているのだろうか、それを考えながら見る楽しみに浸る。

答えが出る前にどんどん映画は進んでいってしまうのだが、それも自分の実力。ここで答えが見つからなくても、時間を置いてふとしたときに、あれって気付くことがあるかもしれない。そう期待したい。

そうしたこととは別にして、色彩、カット割り、音楽など、瞬間、瞬間を感覚で味わうこともできた。ゴダール特有の詩的な映像を大いに堪能する。

|

« バス174 | トップページ | イーオン・フラックス »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/10397687

この記事へのトラックバック一覧です: アワーミュージック:

» アワーミュージック [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ゴダールの最新作。ゴダールといえば、巨匠中の巨匠。難解な作品が多いということでも評判の監督で、彼の作品を観たことはなくても、名前くらいは聞いているだろうという有名な監督なわけです。 そして、あまり、前から映画を観ているわけではない私も、ゴダールの映画を映画館... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 06:54

» 『アワーミュージック』 [ラムの大通り]
「今日の映画はやりにくいなあ」 -----えっ、ゴダールって昔好きだったじゃニャい? 「そう。昔はね。 このプレスに従って言うなら、 ゴダールには大別して3つの時代のファンがいる。 『アンナ・カリーナ時代』『政治の季節の時代』 そして『「パッション」以降の時代』。 ぼくがファンになったのは、最初の頃。 『パッション』以降は正直お手上げだ」 ----昔はどういうところが好きだったの? 「それを語り出すと、ここで�... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 09:43

» 『アワーミュージック』〜シネマ量子力学〜 [Swing des Spoutniks]
『アワーミュージック』公式サイト 監督:ジャン=リュック・ゴダール出演:ナード・デュー サラ・アドラー ジャン=リュック・ゴダールほか 【あらすじ】(goo映画より)第1部「地獄編」ドキュメンタリーから劇映画まで、あらゆる戦争のイメージが流れる10分間。第2部「...... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 22:32

» 「アワーミュージック」 [NUMB]
 アワーミュージック 「アワーミュージック」 ★★★★ NOTRE MUSIQUE (2004年フランス) 監督:ジャン=リュック・ゴダール キャスト:ナード・デュー、 サラ・アドラー、ロニー・ [続きを読む]

受信: 2006/06/06 00:16

» 『アワーミュージック』 [Rabiovsky計画]
『アワーミュージック』公式サイト 監督:ジャン=リュック・ゴダール 脚本:ジャン=リュック・ゴダール 出演:ナード・デュー 、サラ・アドラー 、ロニー・クラメール 、    ジャン=クリストフ・ブヴェ 、ジャン=リュック・ゴダール 2004年/フラン....... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 00:39

« バス174 | トップページ | イーオン・フラックス »