« 帰郷 | トップページ | シムソンズ »

2006/05/08

クレールの刺繍

製作年:2003年
製作国:フランス 
監 督:エレオノール・フォーシェ

主人公クレール(ローラ・ネマルク)の人物造形が陰影深く作られている。家族との間に確執があると思われ、家を出て一人暮らしをしている。独立心が強いように見えるが、行動が子供じみていて心は未成熟のままである。そんな彼女が望まぬ妊娠をしてしまう。

親友には打ち明けているが、どう対処していいか一人で悩み苦しみ続ける。その中で、鏡を見つめる場面の繰り返しがポイントだ。彼女は厳しい現実と対峙して精神的成長を遂げていく。

そのクレールと息子を事故で亡くしたメリキアン夫人(アリアンヌ・アスカリッド)との心の交流がメイン・プロットである。彼女たちが親密になっていく過程でメリキアン夫人の自殺未遂を近所にばれないようにしていたという逸話がある。

最初の方で、クレールが妊娠をごまかすために、癌治療をしているとスーパーの従業員たちに嘘をつく場面があった。これだけ見ればなんと子供っぽいことをするなと感じさせるが、実は自殺未遂事件と結びついていたのだ。絶妙な伏線になっていることに気付き、大いに感嘆する。

もうひとつ印象深い場面は、クレールの部屋に突然、訪れた母親がクレールの体型を見ても妊娠と気が付かないところ。クレールのことを心配する気持ちがあっても、彼女の真の姿を見ることができないでいる。クレールと母親の心の距離を感じる。

|

« 帰郷 | トップページ | シムソンズ »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

やった~~♪ はじめてTBが 適いました(^.^)
あ、はじめまして。 隣の県に住む トンです。

ココログさんには 滅多にTBできないのですが
しつこく 粘りました(笑)

この映画、良かったですよね。 

カテゴリー★5つの 物が結構同じなので(レビューを書いてないものもありますが) 嬉しく思います。では また遊びに来ます よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゛

投稿: とんちゃん | 2006/06/04 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9956052

この記事へのトラックバック一覧です: クレールの刺繍:

» 『クレールの刺繍』 [ラムの大通り]
------これってタイトルやチラシの絵柄からして、 むか〜しの時代の話って気がするんだけど、 ニャんと現代なんだって? 「そうなんだよね。フェルメールの絵をモチーフにした 『真珠の耳飾りの少女』なんてのもあったし、 ぼくもその頃の話かと思ったら、まるで違っていた。 主人公はまだ17歳の少女クレール。 刺繍が好きな彼女は、妊娠を隠すために 親友の勧めもあって刺繍職人メリキアン夫人のアトリエで働くことに。 ところが... [続きを読む]

受信: 2006/05/08 10:11

» 「クレールの刺繍」 [試写会帰りに]
ヤマハホール「クレールの刺繍」試写会。 霜の降りたような土のアップから始まる。 寡黙に打ち沈んだ女性2人が刺繍によって再生していく姿を、陰影深い絵画のような映像の中、ひと針ひと針ビーズを刺繍していくように丁寧に描き出していく。 この映画の持つ質感、空気感に..... [続きを読む]

受信: 2006/05/08 14:37

» クレールの刺繍 [ネタバレ映画館]
 赤毛の髪に巻いた青いターバン。透き通るような白い肌。『真珠の耳飾りの少女』のスカーレット・ヨハンソンをも彷彿させる。 [続きを読む]

受信: 2006/05/09 12:09

» 映画「クレールの刺繍」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「クレールの刺繍」★★★★  ストーリー:フランスの片田舎。17歳のクレールは、妊娠を隠してスーパーのレジ係として働いている。唯一心が休まるのは、小さなアパートの一室で大好きな刺繍をしている時だけ。次第に大きくなるお腹のことも母親にさえ打ち明けられず、遂にひとりで“匿名出産”(身元を隠して出産し、養子に出すフランスの合法制度)を決意する。そんなある日、クレールは、息子を事故で失ったばかりの刺繍... [続きを読む]

受信: 2006/05/12 16:41

» 『クレールの刺繍』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
女の感性で映画を味わえることに幸せを感じてしまうような。 宝箱にそっとしまっておきたくなるような愛おしい作品。 ミニシアター系作品のこの静かさと繊細さがたまらなく好き。 フランス映画の芸術性と女性が紡いだ物語のやわらかさに魅了される。 フランスの田舎町。 スーパーで働く17歳のクレールは妊娠していた。 出産後に赤ちゃんを里子に出す「匿名出産」を選択するも、 母親にも相談できず、周りの目を気にして不安に過ごしていた。 刺繍が得意なクレールはある日、刺繍職人メリキアン夫人を訪ねる。緑の... [続きを読む]

受信: 2006/05/15 13:17

» クレールの刺繍 [cinema note+]
BRODEUSES2004年 フランスジャケットが「真珠の耳飾りの少女」っぽい雰囲気です [続きを読む]

受信: 2006/05/31 01:17

» クレールの刺繍 [とんとん亭]
「クレールの刺繍」 2005年 仏 ★★★☆☆ 大変静かな映画です。 静寂の中で・・・・望まずとも 妊娠してしまい戸惑う少女と 最愛の一人息子を事故で失い絶望の淵にいる中年女性の 刺繍を通じての 心の触れ合いを描いた良作。 が、映画館で観たら間違...... [続きを読む]

受信: 2006/06/04 10:52

« 帰郷 | トップページ | シムソンズ »