« 亀も空を飛ぶ | トップページ | 歓びを歌にのせて »

2006/05/17

県庁の星

「県庁の星」★★★★
(中劇1)2006年日本
監督:西谷弘
原作:桂望実
脚本:佐藤信介
出演:織田裕二 柴咲コウ 佐々木蔵之介 石坂浩二

詳しくはこちらで・・・
県庁の星@映画生活

気付くことの大切さを明確に訴えかけている作品だ。例え、気付くことに時間がかかったとしても問題ではない。大切なのは気付くことができるか否かである。同じ事象を見ていても、気付く者と気付かない者に分れてしまうのが現実だ。本作品では気付くことにより、一歩前に踏み出す勇気を称賛している。

行動を起したからといって、全てが上手くゆくとは限らない。周囲には気付かない者で満ち溢れている。世界は簡単に変わらない。だからこそ、小さなことを少しずつ積み重ねることが大切なのだ。そのことを強く訴えかけている幕切れのエスプレッソマシーン。

ほぼストーリー展開の読める映画であるが、それでも飽きさせず見せるのは脚本がしっかりしているからであろう。キーとなる台詞や小道具を繰り返し使用することで絶妙の効果をあげている。

主演の織田裕二と柴崎コウの存在感もいいバランスとなっている。織田裕二は前半の傲慢で嫌な男を無理なく演技していく。土砂降りの中、どん底に落とされてから緩やかに上昇していくところもいい。柴崎コウも「メゾン・ド・ヒミコ」(2005)に続き、言われたら言い返す強さを秘めた女性を創造している。つくづく瞳に力のある人だと思わせる。

この水と油のような二人の関係が少しずつ変わっていく。それがドラマの醍醐味だ。

|

« 亀も空を飛ぶ | トップページ | 歓びを歌にのせて »

「★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
TBが二つも入ってしまい失礼いたしました。
ちょっとテレビドラマにしたら面白そうだな~と思いながら見ていました。
市長には最後でちょっと驚かされました。
やはり何事も甘くはないですね。
小さなことからコツコツと!です。

投稿: ミチ | 2006/05/17 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/10108326

この記事へのトラックバック一覧です: 県庁の星:

» 県庁の星 [ネタバレ映画館]
 スーパーが舞台となった映画では伊丹十三監督の『スーパーの女』が思い出されますが、『キャプテン・スーパーマーケット』も忘れてはならない・・・違う? [続きを読む]

受信: 2006/05/17 08:08

» 映画「県庁の星」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「県庁の星」★★★☆ 原作がしっかりしているのか、映画も普通に誰でもお手軽に楽しめる作りになっていた。年配のお客さんが多かったのも頷ける。 キャリア官僚・野村(織田裕二)とパート店員・二宮(柴崎コウ)の掛け合いはコミカルで楽しい。スーパーの裏側を覗く楽しさもある。お惣菜部門のお弁当対決は面白かった。 エリートの野村が「素直に謝ること」や「仲間の大切さ」を学びつつ、徐々にスーパー店員たちと心を通わせてい... [続きを読む]

受信: 2006/05/17 22:50

» 県庁の星(映画館) [ひるめし。]
カイカクするのは、ココロです★ CAST:織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/和田聰宏/紺野まひる/石坂浩二 他 ■日本産 131分 DVDレンタルまで待とうか迷ったけど、せっかくチネで公開しているんだし、丁度ポイントでタダで観れるから会社帰りにフラっと観賞〜。 全国公開しているのになんか地味な印象。スーパーが舞台だからなのかもしれないからかな。 全然期待しなかったけど、地味におもしろかった〜。地... [続きを読む]

受信: 2006/05/18 20:24

» 県庁の星 06年204本目 [猫姫じゃ]
県庁の星 2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。 いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。 警察を改革する...... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 13:01

« 亀も空を飛ぶ | トップページ | 歓びを歌にのせて »