« クレールの刺繍 | トップページ | ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 »

2006/05/09

シムソンズ

製作年:2006年
製作国:日本 
監 督:佐藤祐市

10年後の自分。本作品の中で、その言葉が何度も登場してくる。どんな生活をしていたいのか、どんな職業に就いていたいのか、どんな自分になりたいのか、彼女たちは夢を描けずいる。そのために自信を持てないまま欠落感を抱き日常を過ごしている。そんな時、出会ったのがカーリング。

前半のコメディータッチのくすんだ感じとは対照的に、後半になってくると彼女達はどんどん輝きを増してくる。その姿が実に鮮やかだった。彼女たちをコーチする大宮平太(大泉洋)も再生していくのは、スポーツ・ドラマの王道であるが、それでも良い。

嘘をつけなかった過去、ゲームを楽しめというアドバイスは勝利至上主義の空ろさを浮き彫りにする。その勝利至上主義の犠牲者のような尾中美希(藤井美菜)の過去や加賀真人(田中圭)との関係などもう少し描いてほしかったという思いもあるが、それとなく感じられるから瑕にはならない。

そんな美希が伊藤和子(加藤ローサ)にカナダ留学を止めてシムソンズでオリンピックに行きたいというところが最高の名場面。実際にオリンピックに出場した彼女たちの姿と重なり号泣した。

|

« クレールの刺繍 | トップページ | ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 »

製作年:2006年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9976392

この記事へのトラックバック一覧です: シムソンズ:

» シムソンズ [欧風]
「INDYの一番長い日~舞台挨拶同じ日にやりすぎなんだよ!の巻~」、第1話、第2話、第3話と来て、ちょっとおやつタイムを入れてしまいましたが、最終回でございます。 「池袋シネマサンシャイン」で3本目を観て、次はどこの映画館?と思った方もいるかもしれませんが、次の会場はなんと!あの球体が実は本体であると言ったら過言だけど、ほぼ事実な、殆ど観光地化しちゃっているお台場の人気スポット、「フジテレビ」! なんでフジテレビで試写会やってるのかよく分かりませんでしたが、ともかく、池袋からだと埼京線に... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 06:26

» オリンピックで一番盛り上がった競技は? [欧風]
イタリア・トリノで冬季オリンピック真っ最中ですが、そろそろ終わるんですかね~。ヨーロッパでやるオリンピックだとどうしても時差の関係で深夜になってしまい、生で観るのが難しいのが残念ですね。でも、女子フィギュアスケートフリーは一番早く登場する、ミキティこと安藤美姫が午前5時19分に登場するって前日のニュースでやってたので、ちょっと早起きすれば見られたので良かったですね。私も5時に目覚ましをセットして見ましたよ。本当に時間通り出てきてビックリ。日本の鉄道ですか(^_^;)。 そんな中、イナバウアーこ... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 06:28

» ちょっとやりすぎ?青春映画 「シムソンズ」 [平気の平左]
評価:75点{/fuki_osusume/} シムソンズ 昨年ワースト映画の「殴者」の製作に関わっている、ドリームステージピクチャーズ(PRIDEをやっているDSEの関連会社)が製作に絡んでいたので、すごい不安だったのですが、よい映画でした。 基本的にはベタベタな青春サクセスストーリーです。 ど素人が、特訓して、衝突して、バラバラになっても、最終的には結束して、勝利を目指すと言う王道中の王道を行っ�... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 07:16

» シムソンズ [ネタバレ映画館]
 かつてはチープで二番煎じと言われてきたが、、オリンピックの公式スポンサーにも選ばれ、市場を賑わせるほどに成長した家電企業・・・そりゃサムソンだ。 [続きを読む]

受信: 2006/05/09 08:19

» 『シムソンズ』 [ラムの大通り]
----シムソンズ? これまたバンドか何かの映画? 「いやそうじゃないんだ。 知っているかな、カーリングって? 長野オリンピックで正式種目になった、 “氷上のチェス”と呼ばれるゲーム。 一見、派手さはないけど、 実はとても頭脳を要求されるスポーツなんだ」 ----あ〜、あのブラシで氷の上を掃除しているみたいなヤツね。 これはそのドキュメンタリーなの? 「いやいや。主演が加藤ローサだもの。それはないよ。 本当... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 09:23

» シムソンズ(映画館) [ひるめし。]
見つけた―――。 CAST:加藤ローサ/藤井美菜/高橋真唯/星井七瀬/大泉洋 他 ■日本産 113分 トリノオリンピック終わっちゃった・・・。 カーリングは惜しくも予選敗退だったけど、この映画はワタシの中では金メダル級よ!! 青春映画に弱いワタシはとっても楽しかった。まさにこれぞ青春!!って感じ。めんこい4人娘がカーリングを頑張るスポ根青春映画だべ。 ヘタするとただのア... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 20:37

» 映画のご紹介(100) シムソンズ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(100) シムソンズ-「シムソンズ」は 二つの友情の物語だ。 1988年の長野オリンピックで初めてカーリングを見たときは、風変わりなスポーツだと思った。 氷の上で石を転がし、モ....... [続きを読む]

受信: 2006/05/13 14:43

» 映画『シムソンズ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
カーリングといえば2006年トリノが記憶に新しい、スキップの小野寺歩にマリリンこと本橋麻里らの活躍で、メダルには届かずとも彼女達に日本中が沸いた・・ トリノに出場したチーム青森の小野寺歩と林弓枝は、2002年のソルトレークシティオリンピックに出場した... [続きを読む]

受信: 2007/03/31 03:37

« クレールの刺繍 | トップページ | ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 »