« シリアナ(1回目) | トップページ | カナリア »

2006/05/31

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

製作年:2005年
製作国:アメリカ
監 督:アンドリュー・アダムソン

預言によって普通の人間が救世主として祭り上げられるというと、すぐに「マトリックス」(1999)を思い浮かべる。そこで葛藤されるのは、その預言を自分自身で信じられるかということである。

戦う勇気があるのか。戦う能力があるのか。他者を慈しむ心を持てるのか。終始、主人公たちは自問を繰り返す。

本作品はイエス・キリストの贖罪と復活をモチーフとしたアスランの行動などがあり、明らかにキリスト教の世界観に基づいている。では、教徒ではない私には遠いドラマかというとそんなことはない。

なぜなら、日常生活の中においても、我々は思いもかけない使命に直面することがあるからだ。その戸惑い、苦心、迷いなどを経験しているから、登場人物たちに自分の姿を投影し画面に惹き付けられるのであろう。

弟エドモンド(スキャンダー・ケインズ)の消えることがない父への思慕。そのために起る兄ピーター(ウィリアム・モーズリー)との確執。不満から芽生えていく虚栄心。

そうした細かい感情を丁寧に描写していくアンドリュー・アダムソン監督の演出もなかなかいい。

どうしても「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズと比較してしまい、あの重厚感には勝てないかもしれません。だが、ひとつの作品としては充分に堪能できる手堅い作りになっていると思います。

|

« シリアナ(1回目) | トップページ | カナリア »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
どうしても先行のファンタジー大作と比べてしまいがちでした。
本当はキリスト教教義に基づいた深い読みもできるのでしょうが、それもできなかった私はファンタジー入門編のような気がしてしまいました。

投稿: ミチ | 2006/05/31 07:25

もう少し見応えのあるものを期待してたんですが。。
もうすぐ発売になるDVDは,特典満載ですね。
ちょっと気になります。

TBが重なってしまいました。m(_ _)m

投稿: AKIRA | 2006/05/31 10:45

いつもこっそりお世話になってま~す♪(無言TBばかりでスミマセン(^^ゞ)
TB有難う御座いました♪
戦争映画の要素も強かった『ロード・オブ・ザ・リング』は見応えがありましたが、『ナルニア』も御伽話の要素がたっぷりで十分に楽しかったです!
子供達がもう少し可愛かったらもっと良かったんですけどね~(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします。

投稿: Aki. | 2006/06/01 04:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/10321773

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女:

» 映画館「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
壮大なファンタジー作品、、、 「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」シリーズは、好きだけど。。。 なんか、もうこの手のファンタジーはお腹いっぱいって感じになってしまいました。。。まず、普通の動物が人間言を話すのがイヤ。クリーチャーとか実在...... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 06:07

» 映画「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女」★★★☆ C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」シリーズの第1章:ライオンと魔女の映画化。 「LotR」や「ハリポタ」でファンタジーブームが巻き起こり、満を持して登場した「ナルニア国物語」。なるほど、CG技術が発達した今なら、原作に出てくる空想上の生き物を縦横無尽に描くことができるだろう。それでも映画としてはどうだろう?原作はあまりにもストーリーがシンプルで、勧... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 07:20

» ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 [ネタバレ映画館]
 『E.T.』のドリュー・バリモアをも思い出させるルーシーちゃん。一人だけアフレコ感が溢れていました(字幕版)。 [続きを読む]

受信: 2006/05/31 08:15

» ナルニア国物語 -第一章 ライオンと魔女- [Akira's VOICE]
童心と想像力を甦らせてくれる空想世界の探訪。 [続きを読む]

受信: 2006/05/31 10:42

» ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 THE CHRONICLES OFNARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
C・S・ルイス原作のディズニー・ファンタジー映画 第二次大戦 空襲がひどくなるロンドンを疎開する4人の兄弟 ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィ 疎開先のカーク先生のお屋敷は大きく かくれんぼうにもってこいです 4人の兄弟はかくれんぼうをして遊ぶのですが 末っ子ルーシィは部屋の中央に置いてある洋ダンスの中に隠れます するとタンスの裏板が抜けていて 雪の世界へ迷い込みます 街灯がある雪の中でルーシィはフォーンのタムナスに出会います タムナムは人間が珍しく 自分の家でお茶をルーシィに振舞い... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 12:13

» ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画館) [ひるめし。]
それは一生に一度だけ出逢える 「本物」のファンタジー。 CAST:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/ルパート・エヴェレット/ティルダ・スウィントン/ジム・ブロードベント 他 ■アメリカ産 140分 どこでもドアじゃなくて衣装タンスを開くとそこはナルニア国だった・・・。 ファンタジー大作と言えば、「ハリポタ」シリーズ・「LOTR」3部作と有名だけど・・・「ハリポタ」は1作目で挫�... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 20:50

» ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [ぶっちゃけ…独り言?]
8点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) やっぱりファンタジーは良い! いつも通り誰よりも前の席に座りつつ、夢の世界を堪能しちゃいました。 ファンタジーと言えば、『ハリー・ポッター』シリーズと『ロード・オブ・ザ・ リング』シリーズが代表作だと思いますが、中々どーしてこの作品も全然 負けてなかったですよ。 むしろ、個人的には『ハリポタ』4作よりも断然こっちの方が好きです... [続きを読む]

受信: 2006/06/01 04:41

» 『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』 [京の昼寝〜♪]
さあ、衣装だんすの扉を開けてナルニア国への旅が、ここから始まります・・・。 ■監督 アンドリュー・アダムソン■原作 C.S.ルイス■キャスト ジョージー・ヘンリー、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ティルダ・スィントン  ◆声の出演:リーアム・ニーソン(アスラン)、ルパート・エヴェレット(キツネ)□オフィシャルサイト  ... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 08:31

« シリアナ(1回目) | トップページ | カナリア »