« 交渉人 真下正義 | トップページ | ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 »

2006/05/30

シリアナ(1回目)

製作年:2005年
製作国:アメリカ
監 督:スティーヴン・ギャガン

かつて映画のタイトルにもなったことのある“バタフライ・エフェクト”というカオス理論。この言葉が本作品を観ていて頭をよぎる。様々な思惑がぶつかり合い、当事者には予想もつかない影響を他者に及ぼしていく。

だから、世の中のことに興味を持って見ることが大切だと思う。知ったからといって、自分の身に起ることを避けることはできないかもしれない。しかし、何も分らず他者の思惑に自分の運命を委ねることはしたくない。

分り難い。単調。思わせぶり。本作品のレビューに目を通していくとそんな言葉にぶつかっていく。確かにある面で当たっているかもしれない。

だが、「華氏911」(2004)のマイケル・ムーア監督のようにアメリカの非を声高に追求するのではなく、問題を示唆する程度にとどめていることで表現として深みを増しているとも感じる。

全編を通して緊迫したムードに惹きこまれる。もっとも興味深かったのは、いかにして自爆テロを実行する若者が誕生していくのか、その過程がしっかりと描かれているところです。

そして、邪魔するものは排除するアメリカの論理に肌寒くなる。リンカーン大統領。ケネディ兄弟。キング牧師。アメリカは怖い国だと思う。

|

« 交渉人 真下正義 | トップページ | ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/10303332

この記事へのトラックバック一覧です: シリアナ(1回目):

» 「シリアナ」 [the borderland ]
鑑賞後、自分の頭の性能に疑問を持ってたけど、他のブログを見てちょっと安心してる(^^; 昨年から「ロード・オブ・ウォー」、「ミュンヘン」、「ホテル・ルワンダ」と実話を元に事実を知らしめる作品が上映されてますが、初めて観てもわかり易くてエンターティメント性が高いんですよね。 「シリアナ」とは、イラン・シリア・イラクがひとつの国家になるという事態を想定した中東再建プロジェクトを指す専門用語だそうです。この邦題(原題も同じ)からして、日本人のどれだけが理解してるか怪しいものだと思う。アメリカで... [続きを読む]

受信: 2006/06/02 20:48

» シリアナ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
元CIA工作員ロバート・ベアによる暴露本「CIAは何をしていた?」を元に作られた映画です。 ロバート ベア, Robert Baer, 佐々田 雅子 CIAは何をしていた? CIAのベテラン工作員、ボブに「アラブ某国の王の長男であるナシール王子を暗殺せよ」との指令が下ります。... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 09:33

» 『シリアナ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
スリリングでヘヴィーな入魂の一作。 ドライでシリアスなタッチがいい。 シリアナとは、私利のアナ。陰謀にゼツボウ。虚飾に汚職にショック。これこそオイル・ショック。 石油をめぐるCIAとアラブの王族とアメリカ司法省とイスラム過激派テロリストの本当の関係。『トラフィック』のスタッフ・チームが手がけたというのが売り文句のようだけど、それほどに完成度が高いとはいえないのは事実。『トラフィック』や『クラッシュ』のようには群像劇のプロットの巧みさを感じない。 とはいえ、私はおもしろかった。こういう... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 12:34

» 映画「シリアナ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Syriana シリアナとは、シリア・イラン・イラク三国の民族統一による中東再建プロジェクトの名称らしい。・・石油をめぐる陰謀のドキュメンタリー的物語。 CIA諜報員ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)がテヘランで武器商人の乗る車を爆破、予告編で... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 13:57

» シリアナ SYRIANA [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ジョージ・クルーニー、マット・デイモン主演 中東の不安定地帯をCIAがSyriana=シリアーナと称していました ボブはテヘランで武器商人を暗殺すべく工作を行います 手はず通り事は運んだのですが  取引相手の一人がミサイルを一基運びだしてしまいます それは過激シーア派のムハンマド・シーク・アギサなのです 本部からそんな ボブに重要な次の仕事があると告げられます アギサに資金の援助をしているのはハマド王の王位継承者 ナシール王子の弟で危険な思想を持つメシャル王子です CIAは資金を援助している... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 21:30

» シリアナ [欧風]
いつも行ってるマイ映画館の6本観ると1本無料(平日限定)のやつが、1枚あって、いつ使おうかと手ぐすねを引いて待っていたんですが、温めているうちに期限が迫っちゃって、何か観なければいけない。で、上映作品を見てみると、観たいものは既に観ちゃってたり、後で友達と観る予定のものがあったりして、なんか選択肢が非常に少ない。 そんな中、観ようと思ったのがこの、「シリアナ」。予告編で観て、中東の真実、って感じで、これやこれみたいな「実はこうだった系」の映画かなと。中東の事は殆ど知らないので、どんなんだろうと... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 18:22

» シリアナ [まつさんの映画伝道師]
第384回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  アメリカへ行くとガソリンの安さを実感するだろう。  ガソリンスタンドの表示には日本円に直すと100円前後の値段が掲げられているのだが、これが「リットル」ではなく「ガロン....... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 10:13

« 交渉人 真下正義 | トップページ | ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 »