« ビフォア・サンセット | トップページ | シリアナ(1回目) »

2006/05/26

交渉人 真下正義

製作年:2005年
製作国:日本
監 督:本広克行

「踊る大捜査線 THE MOVIE」(1998)が快作であったのは、「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ」という名台詞を生んだことにある。それは当時の社会を痛烈に批判するもので、観客に大いなる共感を生んだ。

そのスピンオフ作となる本作品は、地下鉄指示室という会議室に舞台を絞って展開される。情報化社会の中心のようなその指示室においても、指示を決断する根拠は勘であるという視点は興味深かった。先に挙げた現場というのは、この勘というキーワードで通じていると思う。

ここで大事なのは、その勘を信じられるかどうかである。無論、なんの根拠もない博打的な勘であっては問題外である。緻密なデータや裏打ちされた経験によって導かれる勘によって、様々な選択肢の中、自分の答えを見つけ出す。裏目にでるかもしれない、失敗するかもしれないという薄氷の思いを抱きながら決断することの勇気を称賛している。

飽きさせないで最後まで見せてくれたという点では合格かもしれないが、どこか拍子抜けと感じも歪めない。全体を通して一通りディティールを描いているのだが、観客の意外性をつく驚きに欠けていることが原因ではないか。

例えば、会議室にいる真下と対比する形で現場を担当する木島(寺島進)の存在。柄の悪さなかにも人の良さを滲ませる人物造形は秀逸なものがあるが、犯罪捜査としていまひとつ冴えを見せていない点がひとつ。

また、交渉人という特殊な仕事のディティールが、あるレベルまで描写されているものの、観客を深く感心させるレベルまでいっていない点がふたつ。

三つ目は、犯人が出す映画や小説のヒントに対して、もう一歩深い関連付けがなされていないことだ。4つのヒントの共通点ななんだという台詞があるにも関わらず、その答えがなされていない。これではミステリーとして大いに不満だ。

エンド・クレジットの記念写真の使い方が面白い。最後の最後になって、ドラマが繋がっていくセンスは鮮やかだった。

|

« ビフォア・サンセット | トップページ | シリアナ(1回目) »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/10243399

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人 真下正義:

» 交渉人 真下正義 [ネタバレ映画館]
 これぞまさしくスピンオフ!真下正義は国内スピンオフ映画の代表選手になるかの勢いだが、かつての代表選手、『警部補・古畑任三郎』のスピンオフ『巡査・今泉慎太郎』が静かに自己主張していた。 [続きを読む]

受信: 2006/05/26 07:20

» 安易なスピン・オフ作品ではないがもう一歩 「交渉人 真下正義」 [平気の平左]
交渉人 真下正義 評価:60点 安易なスピン・オフ作品かと思いきや、個人的には本家を超えたと思わせる部分もあり、ひとつの独立した作品として、十分鑑賞に耐える出来となっております。 個人的な面白さとしては、 踊るTV版>踊る映画版1>交渉人 真下正義>>>>踊る映画版2 って感じですかね。 時期が若干悪い気がしますが、電車パニックモノとしてかなりの粋に達していますし、完璧とまでは言わないまで�... [続きを読む]

受信: 2006/05/26 08:54

» 『交渉人 真下正義』 [ラムの大通り]
------これって『踊る大捜査線』のスピンオフ企画だよね。 どうだった、これもヒットしそう? 「う〜ん、分からないな。織田裕二はおろか、深津絵里も出てないからね」 ------でも、映画のトーンは同じなんでしょ?監督も同じだし。 「そうなんだよね。結局は刑事アクション。 交渉人の話と言うから サミュエル・L・ジャクソンVS.ケヴィン・スペイシー『交渉人』を期待していたら、 途中からエディ・マーフィの『ネゴシ... [続きを読む]

受信: 2006/05/26 09:34

» 「交渉人 真下正義」 [the borderland ]
ず~っと悩んでたのですが、ついに見てしまいました。 私はTV連ドラ版は一切見てなく、劇場公開2作品しか見てません。TVドラマ⇒映画というパターンは嫌ほどあって(最近は逆パターンの方が目立ちますね。)、大概、ドラマを予算多めにしただけ、無駄に豪華なのがが多いと思います。「トリック」好きだったけど、映画は最悪だったトラウマがまだ残ってるのかも(^^; だからTV版を見てないけど!「踊る大走査線 THE MOVIE」シリーズはこんなもんかと言う程度だった。(敵増やしてる?) ユースケ・サンタマリア... [続きを読む]

受信: 2006/05/26 22:54

» 「交渉人 真下正義」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
続いてみたのが『交渉人 真下正義』です。 [続きを読む]

受信: 2006/05/27 11:01

» 交渉人 真下正義(映画館)  [ひるめし。]
He's "back up"? 彼は脇役だろ?  CAST:ユースケ・サンタマリア/水野美紀/小泉孝太郎/寺島進 他 ■日本産 127分 悪い意味でのとってもタイムリーな映画だった。前半の地下鉄のパニックシーンは尼崎の脱線事故にリンクしてしまい、映画ってわかっているんだけど観てて辛かった。全然事故に関係ない私が結構辛かったのだから事故関係者の方々は楽しんで観れたもんじないなぁと思った。 《こんな感じのお話... [続きを読む]

受信: 2006/05/29 11:46

» 交渉人 真下正義 [まつさんの映画伝道師]
第87回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  犯人は自己顕示欲が強い。  これはつまり「犯行」=「自己表現」である場合が多い。  従来「犯罪」というものは「見つからない」「バレない」というのが基本だ。しかし自己顕示....... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 18:50

« ビフォア・サンセット | トップページ | シリアナ(1回目) »