« さよなら子供たち | トップページ | 単騎、千里を走る。 »

2006/04/13

オリバー・ツイスト

製作年:2005年
製作国:イギリス/チェコ/フランス/イタリア
監 督:ロマン・ポランスキー

19世紀のイギリス。孤児のオリバー・ツイストは9歳になり、救貧院へ連れて来られる。そこでは粗末な食事のため誰もが空腹に悩まされていた。くじで負けたオリバーは皆を代表しておかわりを求めるが、委員の怒りを買い追放処分になる。その後、葬儀屋の主人に引き取られるが、ここでも理不尽ないじめにあうのであった…。

オリバーは状況が悪化すると、いつも泣きべそをかいている。自分の力ではどうにもならないことを知っているのか。しかし、何故か周囲の人々から救いの手が差し伸べられる。それが何度も繰り返されるのだ。ここにこの少年の特異性が感じられる。つまり、彼は人々に無垢なる心を呼び起す触媒のような存在であったのではないだろうか。

だが、そんな彼もここぞというときには決然と行動する。葬儀屋で兄弟子から亡き母親の悪口を言われると、猛然と食ってかかる。その激しさには目を見張る。そして、そこを飛び出して、ロンドンに向かっていくのだ。オリバーはただの泣き虫ではなく、運命に対して戦いをのぞむ気骨があることを感じさせる。

オープニング・タイトルがクラシカルな雰囲気をかもし出し、なかなか良かった。版画のような絵から実景にかわっていくファースト・シーンも鮮やかなものだった。

|

« さよなら子供たち | トップページ | 単騎、千里を走る。 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9563138

この記事へのトラックバック一覧です: オリバー・ツイスト:

» オリバー・ツイスト OLIVER TWIST [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
チャールズ・ディケンズ原作 ロマン・ポランスキー監督 ベン・キングズレー、バーニー・クラーク主演 19世紀英国で孤児として育ったオリバーが救貧院を追放され ロンドンに出てスリのフェイギン一味に加わります 仲間とスリに出かけ ブラウンロー氏と知り合いますが オリバーの立場を利用しようとする悪人ビル・サイクスに 命を狙われる・・・・と言う有名な話なのです もう何度もリメイクされているので今更ポランスキーが何をするのか? ちょっと楽しみにしていましたが 期待はずしてくれました デビット・リーンの... [続きを読む]

受信: 2006/04/13 12:05

» オリバー・ツイスト [★Mooooovie★]
ストーリー 19世紀・英国で孤児として育った9歳のオリバー少年。わずかな食事のおかわりを求めたばかりに救貧院を追放された彼は、奉公先でも理不尽ないじめに遭い、とうとうそこを逃げ出してしまう。 オリバーが目指したのは大都会ロンドン。だが100キロ以上の道のり...... [続きを読む]

受信: 2006/04/14 17:03

« さよなら子供たち | トップページ | 単騎、千里を走る。 »