« ランド・オブ・プレンティ | トップページ | やさしくキスをして »

2006/04/28

マラソン

製作年:2005年
製作国:韓国 
監 督:チョン・ユンチョル

20歳のユン・チョウォンは自閉症のため5歳児並みの知能しかない青年である。母キョンスクはそんな彼に人並みの生活を送らせたいと熱心に教育を続けていた。ある時、チョウォンにマラソンの才能があると気づき、それを伸ばそうと元有名ランナーのチョンウクにコーチを依頼するが…。

まず細部が丁寧に作られていることに感心する。ファースト・シーンから積み重ねられているエピソードが絶妙な伏線となって後半の展開に繋がっていく。そのことで物語が奥深くなっている。

チョウォン(チョ・スンウ)彼の手の動きにも注目したい。手のひらの触感で様々なことを認識しているようであった。マラソンの場面でも、練習の時は草木に触れることを楽しんでいたが、本番では歩道で応援する観客の手のひらに合わせていた。この繋がりが巧い。そして、マラソンを引き止めようとする母キョンスク(キム・ミスク)の手を振り解いて出発していくところも印象深い。

基本的なストーリーラインはほぼ予想どおりであるが、ドラマ展開に意外性がある。例えば、元有名マラソン選手であるチョンウク(イ・ギヨン)コーチとの関係。チョウォンとの付き合いの中でコーチの人生を再生させていくのかと予想させていて、途中で彼の存在は消えていく。また、家族の離散を予感させておいて、微妙な一線で踏みとどまる。そういうことが続くので、画面に惹き付けられるのだ。

|

« ランド・オブ・プレンティ | トップページ | やさしくキスをして »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
母子の愛情と、男の子の独立心を見事に描いていて、かなり泣かされました。
僕も数年前は、盛岡の映画街で映画を観ていましたよ。

投稿: ケント | 2006/04/29 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9797785

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン:

» マラソン・・・・・・ [サクサクっと・・・]
マラソン なんでも韓国で500万人が泣いたとゆー 「マラソン」 四月の雪のソン・イェジン ソン・イェジンといえば、ラブストーリー ラブストーリーといえば、チョ・スンウ とゆー繋がりで(笑 ... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 21:20

» DVD「マラソン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
自閉症を扱った実際にいた人物を元に作られた作品。障害者を扱った作品は、実はあまり好きではないです。過剰演出になりすぎてしまっている作品が多いと思ってしまうのです。でも、この作品は日常の些細な出来事などを描いている面ではとても良かったです。 自閉症の子...... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 22:38

» 「マラソン」試写会にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
ファボーレ東宝で行われた7月2日から公開の韓国映画『マラソン』の試写会にいってきました。 [続きを読む]

受信: 2006/04/29 12:32

» マラソン [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  自閉症の青年がフルマラソンで完走を果たすという、実際にあった話を描いた韓国映画である。 この作品はヒューマンドラマであり、大泣必死であることも知っていたが、これほど泣かされるとは思わなかった。タイトルから想像すると、マラソンをテーマにしたスポ... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 14:29

» マラソン [欧風]
マラソンはキライです!なんであんな苦しい事をわざわざするのかと。なんであんなにQちゃんはさわやかに走るの? と言う訳で、マラソンやる人はすごいな~と思うんですが、「マラソン」という映画の試写会に行ってきました。7/2から公開だそうです。 韓国の実話が元になってて、自閉症で20才で5才の心な青年が、マラソンするって話です。モデルの人は実際フルマラソンを3時間切ったそうです。凄いな。 感想としては、まず、前の人の頭がジャマで字幕がスゴイ見え辛かった、っていうのはおいといて(^_^;)、... [続きを読む]

受信: 2006/05/09 01:47

« ランド・オブ・プレンティ | トップページ | やさしくキスをして »