« 博士の愛した数式 | トップページ | さよなら子供たち »

2006/04/09

理想の女(ひと)

製作年:2004年
製作国:イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルグ 
監 督:マイク・バーカー

ニューヨーク社交界の華である若いメグとロバートのウィンダミア夫妻は南イタリアの避暑地アマルフィへバカンスに訪れた。ある時、妻の誕生日プレゼントに悩むロバートは魅惑的なアメリカ人女性アーリンと出会う。彼女の助言で金の扇を購入し、これをきっかけに2人は親密になっていくのだが…。

上記の粗筋を読めば、典型的な不倫ドラマを想像させるが、実際は全く違うテイストの物語だ。ここで思い出すのは同じオスカー・ワイルド原作の映画「理想の結婚」(1999)である。幸せな夫妻がある女性の出現で、二人の間に秘密が生じ関係を悪化させていく。浮気と思わせておいて実は・・・、と思わせるドラマを用意しているところが非常に似ている。どこか清々しい気分で終わっていくところもそっくりだ。

映画の原題である“グッド・ウーマン=善良な女性”とは何か。メグ(スカーレット・ヨハンソン)とアーリン夫人(ヘレン・ハント)の二人の対照的な女性を通して観客に問い掛けてくる。そんな簡単に善良な女と性悪な女は分けられるものではない。彼女たちが交錯する時、善悪の境目が曖昧になっていく。メグは落ちていこうとするし、アーリン夫人はそれを守ろうとする。その葛藤に惹き付けられ、金の扇が効果的に使われていることに感心する。

豊富な恋愛遍歴を重ねてきたアーリン夫人役のヘレン・ハントに賛否両論あるようだが、私は支持したい。実年齢以上に老けて見せていると思う。その老いを滲ませていることで、彼女の変節が理解され、後半のドラマに説得力を加えていると思う。

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | さよなら子供たち »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9509591

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の女(ひと):

» [ 理想の女(ひと)]見事に、やられちまった [アロハ坊主の日がな一日]
[ 理想の女(ひと)]@銀座で鑑賞。 この映画はやられた〜。やられちまった。 結末がこんなことになるなんで思いもよらなかった。 もっと早く気がつくべきだった。 気づく要素は、途中でいろいろとあったのに。 ... [続きを読む]

受信: 2006/04/10 00:12

» 理想の人 [空想俳人日記]
善悪を 超えたところに 理想アリ   お話を全く知らずに観に行きました。ひとえに、スカーレット・ヨハンソンが出ていると言うだけで。  思えば、フェルメールの絵に魅せられるように「真珠の耳飾りの少女」でドキッとときめき、「ロスト・イン・トランスレーション」の... [続きを読む]

受信: 2006/04/10 09:56

» 『理想の女』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
おんなと書いて、ひとと読む。 "いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と、何も知らない女。" これはキャッチーなコピー。的を射ているかも。 どちらがよいというのではなく、両極端な方が魅力的なんだよね。 それはあくまでも理想に過ぎないのだけれど?グッと心を掴まれるというタイプの作品ではないけどおもしろかった。 映像も美しく、人間模様も興味深い。 ニューヨーク社交界の華として知られるメグ・ウィンダミアは夫と、 セレブが集う南イタリアの避暑地アマルフィにバカンスに訪れた。 夫婦... [続きを読む]

受信: 2006/04/18 12:33

« 博士の愛した数式 | トップページ | さよなら子供たち »