« タッチ・オブ・スパイス | トップページ | ふたりの5つの分かれ路 »

2006/04/02

プライドと偏見

Puraidohen

製作年:2005年
製作国:イギリス 
監 督:ジョー・ライト

18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の子どもは5人姉妹。女性に相続権がなく、父親の財産は遠縁の男子が継いでしまう。母親はなんとか娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。ある時、独身の大富豪ピングリーが隣に引っ越してくる。長女ジェーンとビングリーは互いに惹かれ合うが…。

最初とクライマックスで朝日が効果的に使用されている。なかなか辛いエピソードも含まれた物語であるが、全体的に明るい印象をもつのは、この朝日に象徴される輝かしい希望で映画は包まれているからであろう。

冒頭で本を読みながら散策するエリザベス(キーラ・ナイトレイ)が印象深い。この時代の型破りな価値を抱く彼女は、室内でなく屋外で本に触れ、知識ではなく生きた知恵を吸収していたのだろう。憎々しいキャサリン夫人(ジュディ・デンチ)と対峙しても、一歩も引かない強さを見せる。

エリザベスとダーシー(マシュー・マクファディン)が踊っているときに、突然、回りの人々が消え去り、二人だけになる場面がある。この時、二人は恋に落ちていったのだろう。しかし、二人は自分の気持ちを気付く事ができない。ここでタイトルの“プライドと偏見”が効いてくる。その二つが邪魔をして二人とも素直になれないのだ。二人が真の気持ちに気付くまでしばらく時間がかかる。

|

« タッチ・オブ・スパイス | トップページ | ふたりの5つの分かれ路 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ケントですTBありがとう。
僕も盛岡に住んでいたことがあります。今後もよろしく。
キーラ・ナイトレイ良かったですね。

投稿: ケント | 2006/04/02 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9387035

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

» 映画館「プライドと偏見」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 06:01

» プライドと偏見 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  東京はやっと少し暖かくなったようだ。今日に限れば、せめてマフラーがあればコートは不要だったかもしれない。 さてこの映画はアカデミー賞有力候補ということで、ネットの評価もかなり高いようだが、興行成績のほうはイマイチのようである。これは多分タイトル... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 10:16

» プライドと偏見 PRIDE PREJUDICE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット家は一応使用人を使える身分なのですが いたって質素な暮らし 世話好きでおしゃべりな母親と 紳士風ですがあまり稼ぎの無い父親 それと5人の娘達 家系を継ぐ男子はいなく夫が亡くなると 家と財産は 遠縁で神父のコリンズ氏が受け継ぐ事になります 母親は... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 12:43

« タッチ・オブ・スパイス | トップページ | ふたりの5つの分かれ路 »