« ディック&ジェーン 復讐は最高 | トップページ | あらしのよるに »

2006/03/22

輪廻

製作年:2005年
製作国:日本 
監 督:清水崇

昭和45年。群馬県のホテルで11人が惨殺される事件が起こる。35年後の現代。この事件を題材にした映画の製作に映画監督の松村は執念を燃やしていた。「記憶」と名付けられたこの映画のヒロインには新人女優の杉浦渚が大抜擢された。彼女は撮影が近付くと不思議な少女の幻覚に悩まされていくのだが…。

自分が間違った方向に進んでいる時って、体が正直に反応し警告を発する。杉浦渚(優香)もその警告を感じていた。だが、女優としての成功を手に入れるため、彼女はそれを無視することにした。そして、・・・ということになっていく。日頃から理屈では割り切れないこうした感覚をもっと大切にしたいと思う。

何故、彼らは襲われるのか。恐怖の源泉に輪廻転生を選んだところがユニークだ。「ノロイ」、「奇談」に続き一瀬隆重プロデューサーのホラー映画はモチーフの使い方が実に興味深い。そして、一体誰が誰の生まれ変わりなのか。渚と弥生(香里奈)はどこで繋がっていくのか。35年前の事件の真相とは。いくつもの魅惑的な謎が提示され、ミステリー的興趣も尽きない。

ずっと一緒だよ。何度となく繰り返させる少女の言葉。とても効果的でラスト・シーンに重い意味を持たせる。

|

« ディック&ジェーン 復讐は最高 | トップページ | あらしのよるに »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9211855

この記事へのトラックバック一覧です: 輪廻:

» 『輪廻』 [ラムの大通り]
※カンの鋭い方によってはネタバレにつながる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「いやあ驚いたね。 “新絶叫クイーン”は優香で決まりだね」 ----そんな決めつけして大丈夫? 「だってあの恐怖の表情はスゴいよ。どこで習得したんだろう?」 ----(笑)もうそれは分かったから、これどんな映画なの? 監督が清水崇でこのタイトルだとオカルト・ホラーだよね。 「ぼく... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 22:30

» 映画館「輪廻」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
最近、ホラーって見慣れちゃって怖く感じなくなってしまったのですがコレはなかなか良かったです!! なるべくネタバレしないように書きますが、まだ観ていない、これから観るという方は念のため読まない方がいいかもです。 輪廻転生、生まれ変わりって私は信じないし...... [続きを読む]

受信: 2006/03/23 07:00

» 「輪廻」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
ファボーレ東宝で『輪廻』と『THE 有頂天ホテル』を見てきました [続きを読む]

受信: 2006/03/26 21:11

» 輪廻 [ネタバレ映画館]
 日本では輪廻転生ブームらしい・・・ほんとですか? [続きを読む]

受信: 2006/07/23 08:04

« ディック&ジェーン 復讐は最高 | トップページ | あらしのよるに »