« ダンシング・ハバナ | トップページ | アルフィー »

2006/03/07

ポーラー・エクスプレス

製作年:2004年
製作国:アメリカ 
監 督:ロバート・ゼメキス

クリスマスイブの夜。クリスマスを信じないと思いながらベッドに入った少年がいた。真夜中目前の11時55分、少年の耳に地鳴りのような轟音が響く。驚いた少年が窓辺から見たものは、雪の中を走っている巨大な蒸気機関車だった。少年は家の前で停まった機関車に駆け寄っていくが…。

「ポーラー・エクスプレスの行き先が問題ではない。乗り込むと決意したことが大切なのだ」。最後に車掌が少年に語るこの言葉が重く響く。サンタクロースを信じる、信じないとのありきたりなドラマでなく、より普遍性を感じるのはこのためであろう。夢。理想。可能性。なんでもよいのであるが、それを信じるからと言って全てが叶うとは限らない。大事なのはそれを信じて行動することなのだ。

少年が少女に「それは確かかい」と問い掛ける場面が繰り返し登場する。少年の他者を信頼できない性格がこのことで分ってくる。少女はその問い掛けを最初に受けたときに、大いに迷うのだが、二回目の時には力強く「間違えない」と答える。この質問の反復の中で少女のリーダーとしての資質が大いに高められたことも分ってくる。この辺がなかなか巧い。

乗車券もなかなか印象深く使われている。子供達のそれぞれに足りないところ、この旅を通して学んだものの象徴になっている。

|

« ダンシング・ハバナ | トップページ | アルフィー »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/8990443

この記事へのトラックバック一覧です: ポーラー・エクスプレス:

» ポーラー・エクスプレス(字幕版) [ネタバレ映画館]
 パフォーマンス・キャプチャーと呼ばれる新技術のために必死で5役をこなすトム・ハンクス!この映画は、メイキングを見てから楽しむのが最適かもしれない・・・鑑賞中には必死で身体を動かすトムを想像して・・・これだけしか楽しめませんでした。 [続きを読む]

受信: 2006/03/07 22:00

» 切れたブレスレットと私の決意◆『ポーラー・エクスプレス』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
11月27日(土)晴れ / 『ポーラー・エクスプレス』(TOHOシネマズ名古屋ベイシティ) 映画『ポーラー・エクスプレス』の上映時間を観たら、TOHOシネマズ木曽川も、TOHOシネマズ岐阜も、レイトショーでは字幕版をやっていない。私は基本的に吹き替え版の映画は観ないこ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 21:40

» 『ポーラー・エクスプレス』 [京の昼寝〜♪]
■監督・脚本 ロバート・ゼメキス ■脚本 ウィリアム・ブロイルズ・Jr ■キャスト(声) トム・ハンクス クリスマス前夜に起こる不思議な出来事−。サンタクロースを待つ少年のもとに白い蒸気をまとって現れた謎の汽車。その名は、急行「北極号」。行く先は北極点。少年を乗せた汽車は、町を離れ、暗い森を抜け、山を越えて、一路北極点を目指してひた走る。その先に待ち受けるのは、見たこともない光景と、夢のような体験だった…。... [続きを読む]

受信: 2006/03/21 08:24

« ダンシング・ハバナ | トップページ | アルフィー »