« THE 有頂天ホテル | トップページ | タッチ・オブ・スパイス »

2006/03/31

ヴェニスの商人

製作年:2004年
製作国:アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス
監 督:マイケル・ラドフォード

16世紀のヴェニス。ゲットーに隔離されたユダヤ人たちは金貸し業を営み、キリスト教徒から蔑まれて暮らしていた。ある時、貿易商のアントーニオは、親友のバッサーニオが美しい女相続人ポーシャと結婚するのに必要な資金を借りるため保証人を買って出る。バッサーニオはユダヤ人のシャイロックと話をまとめるが…。

シャイロック(アル・パチーノ)は、復讐心が大勢を占め、慈悲の心をなくしてしまった。そして、引き返せる境界線を踏み越えてしまう。復讐の刃は相手だけでなく自分をも貫く。

無論、シャイロックにも同情する。日頃、ユダヤ人ということで差別を受け、金貸し業を営むことからつばを吐きかけられる屈辱を味わい、最愛の娘ジェシカ(ズレイカ・ロビンソン)はキリスト教徒と駆け落ちしてしまう。その際、娘はお金と共にトルコ石の指輪を持ち出してしまう。湯水のようにお金を浪費し、指輪は一匹の猿と交換してしまったと聞かされ、怒りが頂点に達するシャイロック。同じユダヤ人である最愛の娘から自分の生き方を否定されてしまったのだ。

だが、この風説は誤りであった。ラスト・シーンで娘の指にその指輪が映される。シャイロックは間違った情報に踊らされてしまったのだ。憎しみの炎が燃え盛ったとき、情報の正確性を確認する術はない。ここが真の悲劇の始まりであった。

何故、アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)はバッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)のために借金を背負うのか。ただの友情というだけは無かったはずだ。そこには同性愛的関係があったと思わせる。そのことが、二人に隠微な雰囲気を漂わせる。

|

« THE 有頂天ホテル | トップページ | タッチ・オブ・スパイス »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/9360823

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェニスの商人:

» ヴェニスの商人 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
言わずと知れたシェークスピアの「ヴェニスの商人」を映画化した作品です。 ストーリーは、原作をなぞって進んでいきますが、当時、いかにユダヤ人が不当に差別される存在であったかが丁寧に描かれています。アントーニオたちに受けた数々の侮辱に傷つくシャイロックの姿が描か... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 22:02

» ヴェニスの商人 THE MERCHANT OF VENICE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ主演 有名なシェークスピアの原作の映画化 ストーリーは有名すぎて語る必要は無いでしょう ユダヤ人高利貸しシャイロックをアル・パッチーノが演じ どのように有名な裁きまでにたどり着いたか、 シャイロックの心の動きを克明に演じていました アル・パッチーノの演技は本当に凄いものです 映画の中の16世紀のヴェニスと背景にあるユダヤ教とキリスト教 その教義の違いより反感し合い 時には貧富の差まで現れる ユダヤ人に対してのヨーロ... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 13:42

« THE 有頂天ホテル | トップページ | タッチ・オブ・スパイス »