« ブラザーズ・グリム | トップページ | エリザベスタウン »

2006/02/08

ダーク・ウォーター

製作年:2004年
製作国:アメリカ
監 督:ウォルター・サレス

離婚調停中のダリアは5歳の娘セシリアの親権を得るため家賃の高いマンハッタンを離れニューヨークのルーズベルト島へとやって来た。薄暗く不気味な雰囲気の漂うアパートだったが、近くにいい学校もあってここに越してくる。こうして、母娘ふたりの新生活が始まったのだが…。

幼少のダリアが雨の中、母が迎えに来てくれるのを待っている。それをファースト・シーンにもってきたところが絶妙に巧いと思う。彼女のトラウマの説明であるし、ナターシャの思いとも重なっている。ダリアがナターシャに選ばれた理由はここにあると思う。

水自体は清く聖なるイメージがあるものだが、どこかで流れがせき止められたりすると、どんどん汚濁してしまって禍々しさが強まってしまう。ナターシャの恨みが汚水となって強烈に表現されている。

オリジナル版の「仄暗い水の底から」(2001)を既見しているのでドラマ展開を知っている。そのため、細部がじっくりと見られ、ウォルター・サレス監督の演出力の高さに瞠目することになる。アパートの寂しげな風景が何度も挿入されているが、ある施設がさりげなく映されている。そのさりげないところが実に巧妙だ。娘の髪を三つ編みにする場面の反復も効果的であった。

|

« ブラザーズ・グリム | トップページ | エリザベスタウン »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました!
確かに、細かい描写の積み重ねは効果的で上手でしたね。もっと本質的な部分で、私は引っかかってしまったのですが……長くなりそうなので、詳しくは二つ目のTBをご参照ください(笑)。

投稿: 映画三昧 | 2006/02/10 03:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/8567991

この記事へのトラックバック一覧です: ダーク・ウォーター:

» ダーク・ウォーター [Akira's VOICE]
悲しい愛のドラマに泣いてしまいました・・・ [続きを読む]

受信: 2006/02/08 21:04

» 映画館「ダーク・ウォーター」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。 これは、ホラーになると思うのですが全然怖くは無かったで...... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 21:08

» ダーク・ウォーター DARK WATER [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド主演 鈴木光司の仄暗い水の底からのリメイク ホラーと言うより心理スリラーの色が強い映画です ダリア(ジェニファー・コネリー)は離婚調停中で 娘セィシアの親権をめぐり父親と闘っている 夫は娘の住む所の環境が悪くなるとダリアの言い分を否定します ダリアはそんな事は無く自分で良い場所を探すと言い セシィアをとりあえず引き取る事になります ダリアは収入も無く、街から離れた小さく汚れた安いアパートしか 自分の条件にあてはまる物件がありません セィシアも最初はそ... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 22:19

» 『仄暗い水の底から』の米国版リメイク『ダーク・ウォーター』 [Dead Movie Society★映画三昧★]
やっとウチの幼い娘の調子が良くなったと思ったら、 今度は下の娘が目を真っ赤に充血させている……! なかなか二人揃って万全の体調にならない。 子供の不調は、それだけで親の精神状態に影響を与える。 でも一つだけ、安心できる材料もできた。 「食べたらすぐ吐く」とい... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 03:45

» 怖くない新作ホラー映画対決1『ダーク・ウォーター』完全ネタバレ編 [Dead Movie Society★映画三昧★]
(前回の続き、今回はネタバレ編です!) 『ダーク・ウォーター』は、最近のホラーにしては昔ながらの サスペンス・スリラー的演出になっているという話を前回した。 ホラーでは悪が栄えて謎で終わったとしても恐怖さえ残ればいい のだが、後者のジャンルでは主人公たちがサ... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 03:50

» ダーク・ウォーター [映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ]
オリジナルの 『 仄暗い水の底から 』を 観ているので最初は 鑑賞計画に入れていなかったのだけれど 主演が ジェニファー・コネリー 監督が 『 モーターサイクル・ダイアリーズ 』のウォルター・サレス監督と聞いて やっぱり 観に行かなきゃ・・・・            フリーパスが 後押ししてくれました。 ストーリーを知っているから 楽しめなかったのか?? �... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 13:24

» ダーク・ウォーター [toe@cinematiclife]
『セントラル・ステーション』、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を監督したブラジル人、ウォルター・サレスが、日本のホラー映画、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』をリメイクした作品。 この『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見逃して大後悔してんだよね(ーー;) 早くみたいな。 そのサレス監督によるリメイクは、中田監督の作品よりもホラー色を薄く、より現実味のある作品を目指した作品を目指したかな~? <... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 01:05

» ダーク・ウォーター [まつさんの映画伝道師]
第273回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「人間」が他の動物と違う点。そのひとつは「弔い」という考え方ではないだろうか。  死者を「弔う」という行為は太古から人間社会でなされてきた。日本の歴史の授業でも豪族が「古墳....... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 17:23

« ブラザーズ・グリム | トップページ | エリザベスタウン »