« ソウ2 | トップページ | 春の雪 »

2006/01/18

青空のゆくえ

製作年:2005年
製作国:日本 
監 督:長澤雅彦

東京の三軒茶屋。一学期も残りわずかとなった西原中学。三年生でバスケ部のキャプテンを務める高橋正樹が今学期限りでアメリカへ転校することが告げられる。誰からも好かれ、信頼も厚い正樹の突然の転校という事態にクラスメイトたちは動揺する。こうして皆で過ごす最後の夏休みが始まっていくのだが…。

青空の描写が何度も続く。快晴の空ばかりでなく雲の混じりぐらいが登場人物たちの心情をよく代弁している。この辺は犬童一心監督の「タッチ」(2005)とよく似ている。

人を好きになるという気持ちを自分の心の中でどう認識し、どう決着させるのか。その葛藤の具合が丁寧に描かれている。そんな中学生という多感な時期はすぐに消えていく。その終わりのセレモニーは通常であれば卒業式ということになるであろう。だが、本作品では突然の転校という事態によって、彼らの転機が一気に訪れる。その引っ越しの時期を1ヶ月にした設定が絶妙だ。1週間でもなく、1年でもない。この微妙な期限が彼らのざわついた心を静めさせないのである。

今の時代、引っ越ししたとしても全てを失うことにはならない。インターネットやEメールなどの通信手段の発達によって、容易にコミュニケーションをとることができる。最後に携帯電話で写真を撮るところが印象深い。彼らの交流がこれからも続いていくことを予感させる。

|

« ソウ2 | トップページ | 春の雪 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/8220651

この記事へのトラックバック一覧です: 青空のゆくえ:

» 『青空のゆくえ』 [ラムの大通り]
-----今日は前から話してた『青空のゆくえ』だ。 「うん。でも夜も遅いから、ささっとやっちゃうね。 これは中学3年生の1学期終わりから 夏休みを挟み、2学期を迎えるまでの話」 -----おっ、「中学生日記」か。好きそうだニャ(笑)。 「茶化さないでくれます(笑)。 でも、この映画、なんか珍しいんだよね。 主人公は親の仕事の関係でアメリカに行くことになった正樹。 その発表が彼の周囲にざわめきを巻き起こす。 女子バスケ部キャプテンの�... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 21:31

» 青空のゆくえ 【B面】 [まつさんの映画伝道師]
第255回 【B面】 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  青春映画は数あれど、中学生が主人公の作品は意外と少ない。  それは英語で「Sweet sixteen」と呼ばれるように「16歳」という節目の年を迎える「高....... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 21:35

» 青空のゆくえ [オイラの妄想感想日記]
クラスで一番人気の有るマサキが突然、アメリカに引っ越して転校することを発表。 さらに『やり残した事がある、好きな子がいる。』と発言したので、クラス中が騒然となる。 ストーリーの核はマサキがやり残した事と誰が好きなのかが軸に進みます。 主演が森田彩華....... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 22:57

» 『 青空のゆくえ  』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 青空のゆくえ  』  [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日 本  【9月17日ロードショー】 監 督:長澤雅彦 脚 本:山村裕二  日向朝子 挿入歌:山崎まさよし 「僕らは静かに消えてゆく」  僕らは静かに消えていく(初回限定盤) [ キ... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 23:04

» 中学生に泣かされた◆『青空のゆくえ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
10月25日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 中学3年生の夏。1学期も残りわずかなある日、ホームルームの最後に、バスケットボール部のキャプテン正樹(中山卓也)が、今学期限りでアメリカに転校することを発表。そして、「アメリカでもバスケを続けます。日本でやり残してい....... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 23:22

» 「青空のゆくえ」に惚れた [エモーショナル★ライフ]
「銀色の髪のアギト」を見た後、 夕方からは「青空のゆくえ」の試写会に。 この映画、いかにも僕の好きそうな映画で、 前々から密かに大期待だったんです。 ストーリーは全然知らないし。 そして、、、 うわーい期待通りでしたヽ(´ー`)ノ 中学3年の1学期を最後にアメリ..... [続きを読む]

受信: 2006/01/19 01:48

» 青空のゆくえ [映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ]
休日の昼間 珍しく届いたメール ” 『 青空のゆくえ 』 必見! ” ただそれだけ・・  友人から そんなメールが届いたのは初めてだった。 チェックは していたけれど モーニングのみ上映なので  面倒くさくなると ハズしてしまうことがあるワタシ・・{/face_ase2/} これは 低血圧でも  どんなに いいお天気でも 家事をあきらめ (笑) リキをいれて 観に行かねば・・! と堅く決意し... [続きを読む]

受信: 2006/01/20 09:18

» 名シーンがいっぱい! 『青空のゆくえ』 [海から始まる!?]
 『ルート225』を観た後で、多部未華子の出演作を押さえるためにDVDで『青空のゆくえ』を観たんですが、これが期待を遥かに超える佳作でした!映画館で観れば、きっと「見つけちゃった感」のある作品になったと思いますね。それほどよかったんです。  2005年度のキネ旬のベストテンでこの作品を選んでいる人はたった1人しかいませんでしたが(たぶん観た人が少ないのだと思います)、青春群像映画の佳作としてもっともっと評価されていい作品だと思います。... [続きを読む]

受信: 2006/03/25 08:01

« ソウ2 | トップページ | 春の雪 »