« フォーガットン | トップページ | バットマン ビギンズ »

2005/12/04

故郷の香り

製作年:2003年
製作国:中国
監 督:フォ・ジェンチイ

北京の役所に勤め、妻と生まれて間もない息子と暮すジンハーは高校時代の恩師が抱えた問題を解決するため10年ぶりに帰郷する。そこで思いがけず初恋の女性、ヌアンと再会する。薄汚れていて見るからに生活に疲れている様子だった。10年前とはまるで別人のような姿にジンハーは激しく動揺するのであるが…。

「誰か他の人はいなかったのかい?」。耳と口が不自由な幼馴染のヤーバと結婚し6歳になる娘が持つヌアンにジンハーはそう訊ねる。この言葉でジンハーが徹底的に嫌いになった。都市生活になじみ、故郷の恋人ヌアンを捨ててしまったことは責められない。それまでのヌアンがジンハーに対してとってきた姿勢にも問題はあった。二人の別れは、ある種仕方がないとも言える。しかし、10年ぶりに会ってこの言葉はないだろう。あまりにも無責任で無神経ではないか。橋ですれ違った時に、ジンハーのことを気付いていたのに、知らない顔で通り過ぎたヌアンの気持ちが痛々しく伝わってくる。

溌剌としていたヌアンがなぜ現在のようになっていったのか。まるでミステリー劇のように、その答えを探して物語は進んでいく。そして、二人の恋話に単なる粗野な男としか思われていなかったヤーバ(香川照之)の陰が色濃く反映されていく。後半に入ってくると彼のひとり舞台だ。ヤーバの一途な思いが画面へ見事に浮かび上がってくる。この辺りが絶妙に巧い。本当の主役は彼であったということが意外性を持って迫ってくる。

雨、池、川と映画全体が水に彩られている。湿った農村風景の描写が素晴らしかった。

|

« フォーガットン | トップページ | バットマン ビギンズ »

製作年:2003年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/7460963

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の香り:

» 『故郷の香り』 [ぺぺのつぶやき]
2003年 中国 109分 原題 「暖(ヌアン)」 監督 フォ・ジェンチイ(「山の郵便配達」) 原作「白い犬とブランコ」 莫言(モォ・イェン) 出演 グオ・シャオドン、リー・ジア、香川照之 「故郷の香り」公式サイト→ココ ストーリー 北京の役所...... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 18:44

» 故郷の香り 暖(ヌアン) [お気に入りの映画]
2003年 中国映画 監  督 フォ・ジェンチイ 出  演 グオ・シャオドン、リー・ジア、香川照之 あらすじ ジンハー(グオ・シャオドン)は、10年ぶりに北京から故郷の村に帰ってくる。そこで初恋の人、ヌアン(リー・ジア)と再会。ヌアンは耳と口が不自由なヤーバ(香川照之)と結婚していた。 感  想 途中までは少し退屈に感じた所もあったけれど、全てはあのラストのためだった。ジョゼと虎と魚たちと同じように見終わってから後を引く映画。ジンハーは10... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 19:35

« フォーガットン | トップページ | バットマン ビギンズ »