« 四月の雪 | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »

2005/11/10

トニー滝谷

製作年:2004年
製作国:日本 
監 督:市川準

幼い頃から一人でいることが当たり前だと思って生きてきたイラストレーターのトニー滝谷が、15歳年下の小沼英子に恋をして、結婚する。最愛の女性と過ごす毎日は、これまで味わったことのない幸福をトニーにもたらした。唯一、きれいな服を目にすると買わずにはいられない英子の行為を心配するのであったが…。

100着以上保管されている英子(宮沢りえ)の衣裳部屋。それがトニー滝谷(イッセ-尾形)の心のありようを象徴している。服が無くなると今度は亡き父のトロンボーンや古いレコードが置かれ、そして最後は空っぽになっていく。その部屋に入り妻の服を試着していた久子(宮沢りえの二役)が突然泣き出してしまったのは、滝谷の哀しみの心が伝染してしまったからではないか。

“小説を見る”という実験性の強い形式の作品である。原作を未読なのではっきりと分らないが、小説の原文を西島秀俊が抑揚なく語り、その一部を俳優が呟く。そして、水平に横に動いていくキャメラ。その異質感が全編貫く。

坂本龍一の音楽はいつもながら素晴らしい。ピアノの音色がポツリポツリに心に響き深い余韻を残す。

|

« 四月の雪 | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »

製作年:2004年」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
そうそう、思い出しましたよ。
西島秀俊の語りに、登場人物のつぶやきが重なるんですよね。
カメラもゆっくりと横スクロールで。

個人的に洋服が大好きなので、あの洋服だらけの部屋は憧れでした。
りえちゃんは洋服を「着る」というよりも「まとう」という雰囲気がステキでした。

投稿: ミチ | 2005/11/10 22:09

TBありがとうございました。
この映画は、原作の雰囲気を実によく再現している映画だと思います。
jamsession123goは原作を読んでから映画館へ行きましたが、映画が始まる前は、「どうやって遺影我にしたのだろう」と半信半疑でしたが、見終わって、納得しました。

投稿: jamsession123go | 2005/11/10 23:45

レビュー拝見しました。なんか不思議な映画でした。。「トニー滝谷は、本当にトニー滝谷と言った」この台詞めちゃ頭に残ってます。しばらく口癖になりました(笑)なんていうか、ぼくにとっても眠い作品になってしまいました。

投稿: exp#21 | 2005/12/29 10:41

こんばんは
まさに「小説を観る」映画でしたね。
原作の雰囲気が上手く伝わってきました。
坂本龍一のピアノ演奏が作品にこれ以上はないと思わせるほどマッチしていて印象に残ります。

投稿: 朱雀門 | 2005/12/29 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/7022831

この記事へのトラックバック一覧です: トニー滝谷:

» トニー滝谷 [ネタバレ映画館]
 トニー滝谷の名前は、本当は“トニー谷”を参考にしたのではないのか?予告編を初めて見たときには、すっかり“トニー谷”の伝記だと勘違いしていた・・・  父正三郎のシーンや、全編に渡るオフィスと小高い丘を上手くとらえた外の映像。孤独を表現するかのような坂本龍一のピアノのメロディ。これがトニーに内に潜む心理変化(孤独の時代と、幸福であっても孤独になったときの恐怖)に妙に合っていた。また、衣装部屋のブランド物で埋め... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 22:02

» 映画「トニー滝谷」 [ミチの雑記帳]
映画「トニー滝谷」 ★★★★ トニー滝谷はずっと孤独だった。孤独でも平気だと思っていた。 そんな彼がひとりの女性をたまらなく好きになり、彼女と幸せな生活を送るようになる。 ひとつだけ気になる事。 それは彼女があまりにも多くの服を買いすぎる事だった。 幸せな生活は長続きせず、突然の事故がトニー滝谷から幸福を奪う。 残されたのは部屋一つ分の洋服の山、山、山・・・。 坂本龍一作曲のピアノが静かに流れ、カメラが横方向に移動す�... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 22:06

» 映画のご紹介(8) トニー滝谷 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 トニー滝谷- 「トニー滝谷」を見た。 これは、村上春樹の短編小説集 「レキシントンの幽霊」(1996年 文藝春秋社刊)からの同名の短編の映画化だ。 短編自身の発表は文藝春秋の1990....... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 23:43

» トニー滝谷 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ジェネオン エンタテインメント トニー滝谷 プレミアム・エディション 今年の始め頃に公開された映画で、DVDが出ています。 小説は読んだことなかったのですが、映画を見た後に、近くの本屋で原作を立ち読みしてみました。内容的には、原作をかなり忠実に追う... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 00:22

» トニー滝谷 【「喪失フェチ」を満足させる素晴らしき実験映画】 [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
好きな台詞・・・というかナレーション 「トニー滝谷の本当の名前は、本当にトニー滝谷だった」 という面白すぎるナレーションで始まる本作は、全編映画演出の粋をこらした実験精神あふれる衝撃作だった。 余談 私の好きなタイプの映画・・・タイプなど関係なく面白い映画が好きなんだ・・と思ってきたけど、最近一つの傾向に気付いた。「喪失感」。これに弱い。小津安二郎の映画は前から大好きなのだが、小津映画が... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 00:34

» 映画「トニー滝谷」 [煮晩閃字]
こちらもレンタルです。 「トニー滝谷」は村上春樹さんの小説が原作です。 タイトルとキャストで興味をもって、いつか観たいなって思っていて、レンタルされていたから借りてきました。 ちなみにまったく予備知識ナシで観ました。 ちょっと俺の好き系....... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 01:38

» トニー滝谷 今年の194本目 [猫姫じゃ]
トニー滝谷 ま、期待して見た訳じゃないから、いいんだケド、、、今のあたしには、こんな映画は、合わない。 全編が小説?ず〜っとプロローグで、やっとお話しが始まったと思ったら、、、 終わってしまいますた!! ま、こんな事もあるでしょ?ま、こんな人もいるでしょ....... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 02:45

» トニー滝谷 [まつさんの映画伝道師]
第20回 (核心に触れる文面あるので御注意あそばせ) ★★★★☆(劇場)  もしも愛する人が自分よりも先に死んでしまったらどうするだろう?  この映画の主人公トニー滝谷は、死んだ妻を忘れるために、妻と同じ体型の女性を助手に雇い、彼女の残した服を制....... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 07:42

» 「トニー滝谷」 [こだわりの館blog版]
2/12 テアトル新宿にて 市川準が村上春樹という格好の素材を得て、 久々に市川準節を駆使して描く 東京人の影と孤独。 心にポツンと残る珠玉の小品であります! 監督・脚本:市川準 音楽:坂本龍一 出演:イッセー尾形、宮沢りえ、篠原孝文、四方堂亘、谷田川さほ、... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 11:39

» 「トニー滝谷」 [るるる的雑記帳]
「トニー滝谷」を観ました。 [続きを読む]

受信: 2005/11/11 19:19

» CINEMA●STARR 「トニー滝谷」 [しっかりエンターテイメント!]
監督 市川準  原作 村上春樹 音楽 坂本龍一 出演 イッセー尾形、宮沢りえ、他    映画と言うより朗読劇。実験的映画。  まず見てください、上の制作に携わった人の豪華さ。監督市川準に、原作は世界で最も有名な日本人小説家の一人、村上春樹、音....... [続きを読む]

受信: 2005/12/29 10:41

» 映画: トニー滝谷 [Pocket Warmer]
邦題:トニー滝谷 監督:市川準 出演:イッセー尾形、宮沢りえ 音楽:坂本龍一 原 [続きを読む]

受信: 2005/12/30 20:32

« 四月の雪 | トップページ | ミリオンダラー・ベイビー »