« Be Cool ビー・クール | トップページ | トニー滝谷 »

2005/11/09

四月の雪

製作年:2005年
製作国:韓国 
監 督:ホ・ジノ

コンサート会場の照明チーフディレクターを務めるインスの元に、妻の交通事故の知らせが届く。彼女が搬送された海岸沿いの小さな町サムチョクの病院へ駆けつけると、その廊下に夫が交通事故に遭ったという女性ソヨンが独り打ちひしがれていた。事故に遭った時、インスの妻とソヨンの夫は同じ車に乗っていたのだが…。

ドラマの幕開きは携帯電話の着信音から始まり、エピローグも着信音から始まっていく。こうした構成の巧さにまず感心する。この他にも本作品の中で携帯電話が何度も登場してくる。電話連絡だけでなく、写真を撮ったり、不倫の事実を確認するメールであったりと、ドラマの起点として携帯電話は得難いアイテムとなっている。

互いの配偶者が不倫していることが原因で男女が出逢う映画というと、「ランダム・ハーツ」(1999)や「花様年華」(2000)など近年でも多く取り上げられた設定である。こうして繰り返し取り上げられるのは、最初に敵意を持つ二人が好意を抱くまでの心理変化が劇的であるからではないか。

そのような心情をホ・ジノ監督は繊細に描いてみせる。事故を知った二人の気持ちが驚き、怒り、憎しみ、共感、好意、欲望、逡巡、苦悩へ刻々と変わっていく様を言葉少なに映像で見せていくところに感銘を受ける。

|

« Be Cool ビー・クール | トップページ | トニー滝谷 »

製作年:2005年」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
ヨン様主演映画という色眼鏡で見てしまったからでしょうか、いまひとつ芳しくない感想でした。
不倫されていた仕返しとしての不倫にどうしても嫌悪感があったのかもしれません。

投稿: ミチ | 2005/11/09 20:56

TB感謝です。
物語としての深みが足りなかったような気がします。
ソン・イェジンの下着姿に萌えてしまいました。

投稿: xina-shin | 2005/11/11 22:00

「感想@広場」管理者の
感想マニアと申します。

大変勝手なのですけれども
この記事を私のブログの中で
リンクさせて頂いております。
もし、ご迷惑になる様でしたら
お手数ですけれども
「削除希望!」と私のブログまで
ご連絡頂けますでしょうか?

よろしければ
これからも使わせて頂けますと
うれしいです。
よろしくお願いいたします。

投稿: 感想マニア | 2005/11/30 01:01

こんにちは。

復讐にも、一時の慰みにも、運命の出会いにも見える2人の恋。感情の波を言葉より、情景で表した演出は上手いなと思うったけど、なぜか心に響きませんでした。
2人とも、いい子過ぎるせいかな?

また寄らせていただきます。

投稿: kika | 2006/01/11 13:31

TBありがとう。
たしかに、微細な表情と仕種は、かなり高度に演出されていたと思います。というより、役者の才能か。

投稿: kimion20002000 | 2006/01/11 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/7000484

この記事へのトラックバック一覧です: 四月の雪:

» 淡々とするにも程がある 「四月の雪」 [平気の平左]
評価:25点 四月の雪 「冬のソナタ」とか、実はペ・ヨンジュンの出演した作品って観たことなかったんですよね。 それなのにペ様と小ばかにするのは良くない事だと思い直し、今回「四月の雪」を観てみたのですが、やっぱりヨン様と呼ぶほどのパワーがあるとは思えませんね。 まぁ、この映画は、ペ様に問題があるわけではないのですけどね。 それにしても、この映画は私の肌にあわない映画でした。 嫁が怪我して�... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 20:21

» 四月の雪 [ネタバレ映画館]
 損害保険会社の社員教育用ビデオだったのかもしれない。  どちらが運転していたのかわからないから示談は難航。対人の自賠責保険は出るだろうけど、同乗者保険はどうなるんだ。強制保険とも言われるこの保険によって、死亡者には3千万円が支払われる。しかし、将来が有望視されている若者の場合、民事訴訟に持ち込まれて多額の賠償額を要求されることもある。それを補うための任意保険。加入していれば、搭乗者保険もあるだろうから、不倫の相手やペ・... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 20:36

» 映画館「四月の雪」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
「八月のクリスマス」のホ・ジノ監督作品。 この映画、ヨン様観たさに行くとダメかも。おば様達、終わった後になんだかブツブツ言っていましたよ。 ホ・ジノ監督の作品を好きな人は好き、嫌いな人は嫌いな作品かも。私は「八月のクリスマス」が好きだったから、結構...... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 20:51

» 映画「四月の雪」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「四月の雪」 ★★☆☆☆ ストーリー:コンサート会場で照明のチーフ・ディレクターの仕事をしているインス(ペ・ヨンジュン)の元に、妻が交通事故にあったという知らせが入る。病院に駆けつけてみれば妻と同乗していた男性も重体。妻とその男の関係は?そしてインスはその男の妻ソヨン(ソン・イェジン)と出会う。 母を連れて親孝行鑑賞。 インスとソヨンそれぞれの配偶者が不倫をしていたことを知って、悲しみが憎しみに変わるのは理解でき... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 20:53

» 四月の雪 [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
鑑賞した日 : 9月17日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(20:40〜)   この作品、観終わった後の余韻が半端じゃない。しかし難しい。一体何に頭を悩ませているのか?ストーリー?この作品の伝えるものを理解すること?それがよく分からず。自分の中では全....... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 21:36

» 四月の雪/ ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン [カノンな日々]
昨日の初日に観てきちゃいましたが、特に待望してたわけじゃなくて、スケジュール的にこれが一番都合が良かったからコレにしたんだけど、気になる作品の1つだったのは確かですね。初日だけど、夕飯時の時間帯だったせいか、客席の埋まり具合は3割ほど。やっぱりこの時間帯....... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 21:56

» ラストシーンから始まる恋愛ドラマ◆『四月の雪』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
10月21日(金)TOHOシネマズ木曽川にて 友人の間ですごく評判が悪く、観ることすらもためらっていた『四月の雪』だったが、恐らくもうすぐ上映が終わってしまうだろうと思い、観に来た。金曜日のレイトショー。200席以上ある劇場内に、観客は20人程度だろうか。一人で観に...... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 23:33

» 四月の雪 [外部デバイスへの記録]
製作国:韓国 公開:2005年9月17日 監督:ホ・ジノ 出演:ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン、イム・サンヒョ、リュ・スンス 不謹慎だとは思ったけど、気分転換を兼ねて、楽しみにしてた作品を八王子シネマで鑑賞する。 ストーリーはこんな感じ。 ある日、照明ディレ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 00:17

» 映画「4月の雪」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:外出  -4月の雪は儚くも美しい- この映画の見所はなんといっても、ペ・ヨンジュンとソン・イェジンのラブシーンでしょう・・・!物語は交通事故でそれぞれの妻と夫が互いに不倫していたことを知り、この二人もまた不倫するという有り得ないような、不幸の中にあっ... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 00:23

» ★★★★「四月の雪」ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン、リュ・ス... [こぶたのベイブウ映画日記]
一度は理性で別れようと決意した二人を、何かが後押しをするように四月に雪を降らせる。もし運命を後押しする神様がいるのなら、きっと、その人が季節違いの雪を降らせたのだ。そう思わせるほど運命的な二人の出会い、余韻の残る物語、切ない歌も心にしみた。不倫と言って...... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 00:27

» 四月の雪 (2005)  [極私的映画論+α]
 コンサート会場の照明ディレクターを務めるインスは、仕事中に妻スジンの交通事故の知らせを聞き、彼女が搬送されたサムチョクという町の病院へ駆けつける。その廊下には、夫が交通事故に遭ったという女性ソヨンが独り悲しみに打ちひしがれていた。やがて彼らは、事故処理の結果から互いの伴侶が不倫関係にあり、同じ車に乗っていたという衝撃の事実を突きつけられるのだった。 映画館 ★★★  やっぱ恋愛映画は・・・一人で見るか、もしくは同性のお... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 00:54

» 『四月の雪』 [よんふぁ広場]
本日は、待望のこの作品を。 [続きを読む]

受信: 2005/11/10 08:28

» 四月の雪 [It's a Wonderful Life]
ホ・ジノ監督の「八月のクリスマス」(感想)は始めて劇場で観た 韓国映画で、とても好きな作品。 死期が近づいている青年が、警官の女の子と仲良くなるけれど、 彼女の将来を思って深く踏み込まない、初恋のような話。 今の韓流ドラマの原点的な作品ではないでし...... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 13:00

» 四月の雪 [まつさんの映画伝道師]
第222回 ★★★☆(劇場)  四月の雪、つまり「ありえない」ことだ。  主人公の二人は「ありえない」事故によって「ありえない」真相を知り、「あってはならない」関係へと堕ちてゆく。  この作品、日本では「ヨン様」ことペ・ヨンジュン主演作として話題....... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 07:16

» 「四月の雪」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
退院後、いろいろな方からいたわりのコメント等を頂きました。本当にありがとうございます。 メスで切ったほうの傷口は順調に回復しています。(長さは縦に5センチぐらい、5針縫ってます。)しかし、ドレンを通す為にあけてあった傷口のほうが回復が遅れております。(虫垂炎顛末記の写真の向かって左側の小さな穴です。) 先週末から昨日ぐらいまでにじむ程度の出血や膿が出たりしておりました。今日になってやっと血が固�... [続きを読む]

受信: 2005/11/11 21:59

» 【韓国映画】四月の雪(外出) ペ・ヨンジュン ソン・イェジン主演 ホ・ジノ監督 [映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK]
コンサートの照明チーフのインスのもとに、妻が交通事故にあったと連絡が入る。急いで [続きを読む]

受信: 2005/11/23 20:10

» NO.124「四月の雪」(韓国/ホ・ジノ監督) [サーカスな日々]
弱った「こころ」から、 はじまる「エロス」もある。 「微笑み貴公子」といわれるペ・ヨンジュン。日本で多くの女性を虜にしたのは、やはりクチコミで拡がった「冬のソナタ」(2002年)であった。前年制作の「ホテリアー」をはじめ、過去のTV作品がリリースされるたびに、圧倒的な支持が拡大した。 TVデビューから10年、銀幕初出演は2003年「スキャンダル」。朝鮮王朝の愛欲世界を舞台としたドンファン役を演ずるペ・ヨンジュンは、一部�... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 17:38

» 四月の雪 APRIL SNOW [タイトル未定]
皮肉な出会いから始まった2人の恋は、想いの高まりとは裏腹になかなか進むことができない。これは復讐なのか愛なのか。愛だとしても、また儚く消えてしまうかもしれない。傷ついたから惹かれあったのに、傷ついたから戸惑ってしまう2人。「もっと前に出会っていたら」....... [続きを読む]

受信: 2006/01/11 13:26

» 四月の雪−映画を見たで(今年10本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ホ・ジノ 出演:ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン 評価:77点(100点満点) ひええ、この映画で興行成績28億円も稼げるのか。 おばちゃまパワーはごっついもんじゃのう。 だが、ボロクソに感想を書こうと思って見たわりには、結構よかった...... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 01:32

» 秀作の評価を変えかねない、スターの功罪●四月の雪 [Prism]
それは、はかない“恋”だった。 どんなに舞い降りても積もることのない、 “四月の雪”のように・・・ 監督は、『八月のクリスマス』のホ・ジノ。 主役の、コンサート照明主任イ [続きを読む]

受信: 2006/02/22 12:51

» 四月の雪・・・・・・ [サクっと]
四月の雪 (通常版) 久しぶりの韓国映画 「四月の雪」 韓国映画そこそこ見てますがヨン様は初見 おととしの年末にやっていた冬ソナ完全版も録画してあるのですが 未だに見れず・・・・(とゆーか見る気なし?) この作品はそのヨン様とソン・イェジンさんとの共演で...... [続きを読む]

受信: 2006/03/03 00:51

» 四月の雪 [グレート・タカの徒然なるままに…]
ペ・ヨンジュン主演、ソン・イェジン共演のラブストーリー。 もちろんヨン様じゃなくて、ソン・イェジン目当てでDVDを借りてきた。 ずぅっと、まったりとしていて、静かな映画。 たいして話に盛り上がりもなく、なぜかいきなりセックスシーン。 まったくどちらに....... [続きを読む]

受信: 2006/03/23 05:54

« Be Cool ビー・クール | トップページ | トニー滝谷 »