« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | エブリバディ・フェイマス »

2005/10/17

暗殺

「暗殺」★★★★(BS)
1964年日本 監督:篠田正浩
原作:司馬遼太郎
出演:丹波哲郎 木村功 岡田英次 佐田啓二

文久三年。浪士取扱松平主税介は老中板倉周防守に手を回し、目明し嘉吉を斬った罪で手配中の出羽浪人清河八郎に大赦を受けさせる。清河は勤王の志士への対策として、守護職に名をかりた浪士隊の結成を松平に献案したためである。しかしその一方で、松平は佐々木唯三郎に清河暗殺の密命を下していたが…。

初期の篠田正浩監督はカミソリのような切れ味鋭い演出で、今の時代観ても鮮烈な印象を与える。巧みな語り口。陰影の際立ったモノクロの映像美。武満徹の力強い音楽。まず独自の様式美に魅了される。

清河八郎という策士の生涯が様々な登場人物の回想シーンから多角的に浮かび上がってくる。その突き放した視点は容易に感情移入を許さない。この辺は「スパイ・ゾルゲ」(2003)にも通じているだろうか。

舞台演出家の蜷川幸雄が俳優として仕事をしているのを初めて見た。

|

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | エブリバディ・フェイマス »

「★★★★作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59722/6446594

この記事へのトラックバック一覧です: 暗殺:

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | エブリバディ・フェイマス »